ダイハツ モータースポーツ活動を23年シーズンも継続へ

ダイハツは2022年11月25日、約14年ぶり再開したモータースポーツ活動を2023年もSPKとともに継続し、モータースポーツを基点としたもっといいクルマづくり、モータースポーツの裾野を広げる活動を通じたファンづくりに取り組むと発表した。

ダイハツは2022年、約14年ぶりにモータースポーツ活動を再開した。具体的にはSPK社の「D-SPORT Racing Team」の活動支援を通じ、モータースポーツ競技における高負荷環境での使用、短期スパンでの改善活動などで、車両全体を見ることができる人材育成と、培った技術を量産車両にフィードバックすることを目指している。

2023年は、トヨタGAZOOレーシング・ラリーチャレンジに全戦参戦を予定している。さらに全日本ラリー選手権やWRCへの参戦、コペン以外の車両での参戦なども検討しているという。

こうした活動の一方で、モータースポーツを楽しむ人の裾野を広げることを目指し、ダイハツ車ユーザーであれば誰でも気軽にモータースポーツを楽しめる場として「D-SPORT&DAIHATSU Challenge Cup2022」をSPKと今年8月に実施した。

2023年は、この「D-SPORT&DAIHATSU Challenge Cup」を年4回開催(予定)することに加え、新たに軽自動車をはじめとしたエントリーカークラスでも気軽にモータースポーツを楽しめるイベントの開催をSPKと共に検討している。

D-SPORT 公式サイト
SPK 公式サイト

ダイハツ 関連記事
ダイハツ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る