移動販売に挑戦したいアナタに朗報!ダイハツ「Nibako」スタート

ダイハツは2022年9月6日、軽トラックの荷台に設置可能な荷箱を活用し、移動販売をスタートしたい小売業の事業者をサポートする、オールインワン移動販売パッケージ「Nibako」を事業化し、4都府県(東京都、埼玉県、千葉県、京都府)を中心に、販売会社を通じて提供を開始すると発表した。

ダイハツは全国の販売会社とともに、地域の顧客の困りごとを解決し、暮らしを豊かにするべく、「コトづくり」として地域に根差したモビリティサービスの提供やCSR活動に取り組んでおり、「Nibako」もその一環となる。

「Nibako」は、コロナ禍の現状で、新たに移動販売を行ないたいと考える小売業者の事業者のニーズにサポートする。自動車メーカーならではの安全・安心、高品質で利便性の高いNibakoを購入しやすい価格で貸し出し、新たに移動販売をする方などへの事業相談も実施する。

さらに、事業者を対象とした「Nibakoサイト」を開設、2023年度にはスマホアプリも立上げ、消費者向けのコンテンツを追加して行く予定としている。

「Nibako」による移動販売が広がることで、これまでにない場所に人が集まり、事業者・関連業者・消費者がつながり合う新しいコミュニケーションが生まれ、地域の活性化に貢献するとしている。

つまり「Nibako」は単に軽トラック+移動販売ボックスをレンタルするのではなく、事業そのものをサポートするシステムになっている。

現時点では、ダイハツ東京、埼玉ダイハツ、ダイハツ千葉、京都ダイハツを中心に地域を限定して提供を開始し、今後順次地域を増やし全国規模への拡大を目指している。また、今後も移動販売用以外のNibakoの開発も行ない、同時に事業のさらなるサポートや、アプリサービスによる情報提供も随時充実させて行く。

なお、今回のプロジェクトでは、社内にバーチャルカンパニーを設置し、即断即決による事業推進体制とし、社内複業人材・社外副業人材による多様なアイデアを活用して検討を進めてきており、こうした新しい取り組みから得たノウハウは、今後の新規事業開発などにも展開して行くという。

Nibakoの特長

軽トラック「ハイゼット トラック」に「Nibako」を積載した状態で、販売会社から事業者へレンタル。将来的には「Nibako」のみのレンタルも開始予定だ。

車両のレンタル期間は1日単位もしくは1カ月単位で設定可能。レンタル料金は車両(軽トラック)込みで、1日プラン:1万3200円(税込み)から、もしくは1カ月プラン:6万6000円(税込みメーカー希望貸渡し価格)となっている。「Nibako」は、調理営業販売を除くさまざまな業種・業態に対応している。

また、新たに移動販売を始める人の事業相談を販売会社が受け、販売に関するスキルやノウハウのアドバイスを実施する。ダイハツの販売会社店舗におけるマルシェへの出店も可能。

そして「Nibako」で事業をスタートした人のために、消費者に向けた出展情報のWEBサイト(利用無料)に掲載。出店可能な場所の情報提供などもWEBサイトで行なう。

さらに事業者同士がつながるコミュニケーションサービスも展開する。

「Nibako」公式WEBサイト:https://nibako.daihatsu.co.jp
「Nibako」に問い合わせ窓口tel:0120-285-860

ダイハツ 関連記事
ダイハツ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る