フォルクスワーゲン「ティグアン 4MOTION」試乗 待望のディーゼル+4MOTIONでSUV力を大幅アップ

マニアック評価vol643
フォルクスワーゲンのCセグメント+サイズのSUV「ティグアン」はMQBプラットフォームを採用した2代目として2016年から発売されている。2017年に日本に導入されたティグアンは、1.4L TSIエンジンに6速DSGを搭載したFFモデルのみだった。
フォルクスワーゲン ティグアン 4MOTION

しかしヨーロッパでは、エンジンバリエーションとして1.4 TSI以外に、2.0 TSI、2.0 TDIがラインアップされ、4WDモデルの4MOTIONも設定されている。またホイールベースもショートタイプと、ロングタイプがあるなど、グローバルモデルらしい幅広い車種展開となっている。2017年にはグローバルで77万台が販売されたという。

ティグアン TDI 4MOTION ハイライン
ティグアン TDI 4MOTION ハイライン

そして2018年8月から、ようやく日本に最新のクリーンディーゼル、2.0L TDIエンジンを搭載し、4MOTIONと組み合わせたSUVとしての本命モデルが導入され、試乗の機会があったのでお伝えしよう。
フォルクスワーゲン ティグアン 4MOTION


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る