【フォルクスワーゲン】コンパクトSUVの「ティグアン」に1.4Lの TSI エンジン&FFモデルを追加

ティグアン TSI ブルーモーション テクノロジー
ティグアン TSI ブルーモーション テクノロジー。1.4Lエンジンを搭載

フォルクスワーゲングループ・ジャパンは2012年11月20日、コンパクトSUVのティグアンに、前輪駆動仕様の「ティグアン TSI ブルーモーション テクノロジー」を新たに導入して発売した。このFFモデルには排気量1.4Lの TSI エンジンが搭載され、高出力と高い環境性能を両立してエコカー減税(75%減税)の対象モデルとなった。また消費税を含む希望小売価格(以下同)も、339.0万円からという戦略的価格設定をしている。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る