【フォルクスワーゲン】ゴルフ ヴァリアントもさらに排気量をダウンサイズし、アイドリングストップを採用。過去最高の低燃費を実現

ゴルフ ヴァリアントの画像

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は2月21日、ゴルフ ヴァリアントのエントリーモデルとして人気の高い「Golf Variant TSI Trendline Premium Edition(プレミアム エディション)」のエンジン排気量を1.4Lから1.2Lに変更し、車名も新たに「Golf Variant TSI Trendline BlueMotion Technology(ブルーモーション テクノロジー)」として、全国の正規ディーラーにて 3 月 23 日より発売することを発表した。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る