ボルボ「XC40」が2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞! ボルボは2年連続受賞

2018年12月7日、東京国際交流館において今年を代表するクルマを決める「第39回2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー最終選考会」が開催され、「2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、ボルボ「XC40」が受賞した。輸入車が日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するのは39年の歴史の中で今回が3回目であり、ボルボは第38回に続いての受賞となる。

日本カー・オブ・ザ・イヤー

●ボルボ・カー・ジャパン株式会社「ボルボ XC40」

ボルボ XC40
ボルボ XC40

授賞理由として、日本の道路環境にちょうどいい扱いやすいサイズで、カジュアルかつスポーティなスタイリングを実現。インテリアは上質な北欧デザインで収納スペースも充実していて機能性も高いこと。そして走行フィールはスポーティさと快適性をきわめて高いレベルで両立したもので、気持ちよくドライビングを楽しめるなどの点が挙げられている。また、高度な安全装備を全車標準しているところも高く評価された。

他の部門賞は以下のとおり。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る