テスラ・モデルSの自動運転 試乗記 新しいドライブアシストのスタイルを実感

マニアック評価vol413

テスラ 自動運転
レベル2の自動運転ソフトウエアをインストールしたモデルS

テスラ・ジャパンは2016年1月15日から、電気自動車の4ドアセダン「モデルS」に、自動運転に近いレベルのソフトウエアの提供を開始した。この自動運転ソフトウエアはベースになる既存のモデルS(ただしカメラ、ミリ波レーダー装着仕様モデル)にダウンロードし、インストールをするというユニークな方式で、オーナーは自分のクルマをアップデートできることになる。<レポート:松本晴比古/Haruhiko Matsumoto>


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る