テスラ

{新たな自動車企業形態を創出したテスラ}
2003年にイーロン・マスクらによって、アメリカ・シリコンバレーを拠点に自動車会社を設立。社名は物理学者ニコラス・テスラにちなんで命名されている。テスラは投資家から資金調達を行ない、企業規模を拡大するという新たな起業方式で成長を続けている。

最初のモデルとなったのは2008年のテスラ・ロードスターで、リヤドライブのスポーツカー。ロータス・エリーゼのシャシーをベースに共同開発。バッテリーに民生用のリチウムイオン・バッテリーを使用する特徴がある。2009年、セダンタイプのモデルSが発表され、家庭用コンセントから充電できるバッテリーであり、しかも一回の充電時間がわずか45分で、最高300マイル(483km)という航続距離を持っている。

日本国内では、2010年にテスラモーターズがロードスターの導入を開始。

テスラのミッドクラスSUV「モデルY」が日本上陸 気になる詳細解説

テスラ・ジャパンは2022年6月10日、最新のミッドクラスのクロスオーバーSUV「モデルY」の日本での受注を開始した。なお従来通り注文はWEBサイトでのみ受け付ける。デリバリーはRWDモデルは今夏に、...

電気自動車先進国のトレンドは?中国市場の今を徹底解説

2021年の電気自動車(BEV)の世界における販売台数は、メーカー別の集計ではテスラがトップに君臨し、上位20社の中で12社もが中国の国産車となっていることが改めて注目されている。日本ではそれほど存在...

【リコール】テスラ「モデルS」のフロントフードのロックに不具合

テスラ・モーター・ジャパンは2022年1月21日、モデルSのフロントトランクのフードロックに不具合があるとしてリコールを届け出た。これは本国からの情報によるリコールが行なわれている。 不具合の内容は、...

【リコール】テスラ「モデルS」「モデルX」のタッチスクリーンに不具合

テスラ ジャパンは2021年2月10日、モデルS、モデルXのタッチスクリーンをコントロールするメディアカードに不具合があるとしてリコールを届け出ました。 この不具合は、タッチスクリーンを制御するメディ...
注目のミドルクラスEV「テスラ モデル3」の真実【動画】2/2回

注目のミドルクラスEV「テスラ モデル3」の真実【動画】2/2回

この記事は2020年2月に有料配信したメルマガを無料公開したものです。 テスラ初となるミドルクラスの「モデル3」は2016年3月に発表された。アメリカでのデリバリーは2017年後半からとされたが、生産...

注目のミドルクラスEV「テスラ モデル3」の真実【動画】1/2回

この記事は2020年1月に有料配信した記事を無料公開したものです。 テスラは、イーロン・マスクCEOのイメージもあって、毀誉褒貶が著しい。イーロン・マスクCEOがぶち上げた世界最大のリチウムイオンバッ...

テスラの戦略 先見の明か テスラがバッテリーメーカーに?

イーロン・マスクCEOが率いるテスラ社は、アメリカで今やGAFA以上に人気の高い企業となり、多くのファンドや一般のファンに支えられていることは良く知られている。そしてコロナ禍下にある2020年7月以降...

テスラ モデルSとモデルXの無料アップデートで加速が速くなる

テスラ本社は2020年4月30日に、「モデルS」、「モデルX」のパフォーマンスに関わるソフトウエアを無料アップデートすると発表しました。 アップデート概要 テスラの各モデルのソフトウエアは、すべて通信...

テスラ 第5弾 スナメリ顔の「モデルY」を発売

電気自動車メーカーのテスラは第5弾となる「モデルY」を、3月半ばからアメリカでデリバリーを開始する。北米の富裕層にはテスラのスナメリ顔はかなり浸透しているようだが、3万9000ドルからの高級クロスオー...

テスラ モデル3 より身近になったEV【試乗記】

デリバリーの遅れていたテスラ モデル3。デモカーが遂に日本到着、早速試乗してきた。正直、初対面のルックスはちょっと拍子抜けな感じだった。5ドアハッチバックのプロポーショだけど実はトランクを備えるセダン...

米国家運輸安全委員会のテスラ・モデルX事故の暫定報告書を読む

この記事は2018年6月に有料配信したメルマガを無料公開したものです。 雑誌に載らない話 2018年3月23日の午前、カリフォルニア州マウンテンビュー(シリコンバレー付近)の高速道101号線で発生した...

テスラ モデルXが「オートパイロット」使用中に大事故 その背景と影響を考える

この記事は2018年4月に配信した有料メールマガジンを無料公開したものです。 メルマガ登録はこちらから 前回、Uber社の公道での自動運転実証実験車が歩行者をはねる事故について、事件の詳細を掲載したが...
テスラ・モデルSのオートパイロットによる公式事故報告書を読み解く

テスラ・モデルSのオートパイロットによる事故の公式報告書を読み解く

この記事は2018年2月に配信した有料メールマガジンを無料公開したものです。 雑誌に載らない話vol.287 2016年5月7日、アメリカ・フロリダ州で自動運転中のテスラ・モデルSに乗るドライバーが大...

テスラ「モデルS」モデルX」が試乗可能に NTTドコモ「dカーシェア」試乗サービス第2弾

NTTドコモが展開するカーシェアリングサービス「dカーシェア」の試乗サービスの第2弾として、テスラの「モデルS」「モデルX」の試乗予約を2018年12月19日から提供される。 NTTドコモが展開する「...
テスラ モデル3の発売に合わせ、アフターサービスに関する計画を発表

テスラ モデル3の発売に合わせ、アフターサービスに関する計画を発表

2017年7月12日、テスラは4番目のモデルとなるミドルクラスの「モデル3」が7月にラインオフし、2017年秋から本格生産、納車開始される。それに備え、アフターサービスのキャパシティを3倍にすると発表...
電気自動車は本当にエコカーなのか?急速に加速する電動化への疑問

電気自動車は本当にエコカーなのか?急速に加速する電動化への疑問

雑誌に載らない話vol189 世界の自動車の潮流は、今や完全に電動化に向かっている。アメリカのカリフォルニア大気環境保護局(CARB)が着手したZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)規制に端を発したC...

【コラム】「宇宙戦艦ヤマトの波動砲」並みの瞬発力!スーパーロケット加速のテスラ モデルS P100D@吉田由美

VOL81.吉田由美のピンポイント&チャームポイント 電気自動車といえば、滑らかでもの凄い急激な加速に驚く人も多いはず。 私が以前、「テスラに興味がある」という人を乗せて、「モデルS」を少しだけ強めに...

JAIA試乗会レポート 超高級車の世界

マニアック評価vol507 JAIA日本自動車輸入組合が主催する毎年恒例のメディア向け試乗会が実施された。日本に輸入されるインポートカーの多くに試乗できるイベントで、試乗の機会を逃していたモデルに乗れ...

自動運転はどこまで進んでいるのか?レベル分けって何?

日産・セレナが発売されてから「自動運転」という言葉が身近に感じている人が増えたと思います。セレナは「プロ・パイロット」という商品名で自動運転技術を搭載したモデルとして注目を集めていますね。でも装着率を...

【コラム】「‘覗き見たい願望’をくすぐる、華麗なるドア・オープンオブザイヤー」~「テスラ モデルX P100D」@吉田由美

VOL.77吉田由美のピンポイント&チャームポイント イベントなどで、クルマの屋根が開くと人が集まる。 ボンネットや、車種によっては後ろ部分が開いてエンジンルームが覗けるようになると人が集まる。 場合...

RECOMMENDED ARTICLE


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る