ルノー「トゥインゴ」の仕様向上と最新機能を充実

ルノー・ジャポンは2021年5月13日、パリが仕立てたコンパクトカー「トゥインゴ」に、ボディ同色サイドモール、16インチアロイホイール、レザー調×ファブリックコンビシート、前席シートヒーター、新インテリアカラーを新たに採用した新「トゥインゴ インテンス/インテンス キャンバストップ」を発売しました。

RR駆動による俊敏で気持ち良いハンドリング、最小回転半径4.3mという傑出した小回り性能や扱いやすさを備えたトゥインゴは、今回の仕様向上によりパリジャン、パリジェンヌに愛されるトゥインゴの装備、機能が向上し、上質さ、機能性が高められています。

インテンス/インテンス キャンバストップは、ボディと同色のサイドモール、16インチ・アロイホイール、プライバシーガラスなどの新装備に加え、4色のレザー調×ファブリックコンビシートとインテリアカラーがボディカラーに応じて組み合わせが可能で、上質で洗練されたデザインにアップグレードされています。

さらにコーナリングランプ機能付フロントフォグランプ、前席シートヒーター、サブウーハーが新たに装備され、機能性もアップ。

5速MTを搭載するトゥインゴS

また、MTを駆使した走りが楽しいトゥインゴS(7月に発売開始予定)は、ユーザーから要望の多いリヤカメラ、プライバシーガラスを新たに採用したほか、燃費がこれまでの19.3㎞/Lから20.7㎞/Lへと向上しています。

ルノー トゥインゴ諸元表

価格

ルノー トゥインゴ 関連記事
ルノー 関連記事
ルノー・ジャポン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る