ルノー「メガーヌ」をマイナーチェンジ より爽快で上質な走りを追求

ルノー・ジャポンは2021年8月26日、フレンチデザインをいっそう際立たせたエクステリア・デザインを採用し、高出力と効率性を両立した1.3L直噴ターボエンジンによる爽快な走り、アダプティブ・クルーズコントロール、ドライバー疲労検知アラート、リヤクロストラフィックアラートなど充実した先進の運転支援システム、運転モードやインテリア照明をカスタマイズできるルノー・マルチセンスなど豊富な装備が特長の新型メガーヌを発売しました。

メガーヌ インテンス

今回のマイナーチェンジで、新しくデザインされたフロント・バンパーやフロント・グリル、そしてクロームパーツの採用などにより、洗練度とモダンさが融合されフレンチデザインの特長がより強調されています。

インテリアは、ダッシュボード中央に配置される7インチのマルチメディア・タッチスクリーンには、スマートフォンとのミラーリングを可能にするマルチメディアシステム「イージーリンク」を新採用し、操作系もより使い易く改良されています。

メガーヌ インテンス スポーツツアラー

また、運転モードやインテリア照明(アンビエントライト)などをカスタマイズできるルノー・マルチセンスも、7インチのマルチメディア・イージーリンクタッチスクリーンで操作できます。ルノー・マルチセンスでは、My Sense(個別設定:初期設定モード)、Sport、Comfort、Ecoという4つの運転モードから好みの設定が選べます。

またシャシーも剛性を向上させるなどより高次元にチューニングされ、正確なハンドリングと爽快で気持ち良いドライビングを楽しむことができます。

ルノー・日産・三菱とダイムラーが共同開発した1.3L直噴ターボエンジンは159ps/270Nmを発生し、7速EDC(湿式DCT)との組み合わせで、意のままの走りを追求。

運転支援システムはアダプティブ・クルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、ドライバー疲労検知アラート、後退時に車両後部に接近する車両を検知するリヤクロストラフィックアラートを新たに採用するなどさらにレベルを高めています。

車種展開は、ハッチバックのインテンス、ステーションワゴンのスポーツツアラー インテンスの2種類のボディタイプと、6色のボディカラー(各ボディタイプ専用色含む)が設定されています。

価格

限定車「メガーヌ インテンス ファーストエディション」

今回のマイナーチェンジの発売タイミングに合わせ、ファーストエディションとして開放感あふれるドライブが楽しめる電動 パノラミックルーフと、上質なレザーシートを装備した「メガーヌ インテンス ファーストエディション」を20台限定で販売します。

このファーストエディションは、メガーヌ インテンスと、メガーヌ スポーツツアラー インテンスの2ボディで各10台が設定されています。

販売方法は、8月26日~9月5日まで購入申込みを受付け、申込みが販売台数を上回った場合は抽選販売となります。

価格

ルノー メガーヌ 関連記事
ルノー 関連記事
ルノー・ジャポン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る