ルノー 究極のコーナリングマシン「メガーヌR.S.」「R.S.トロフィー」を改良

ルノー・ジャポンは2021年1月28日、モータースポーツで培ったノウハウと先進の技術を凝縮した究極のコーナリングマシン「メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)」と、「メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)トロフィー」を改良し、よりーダイナミック性能を向上させ、3月4日から発売すると発表しました。

メガーヌR.S.トロフィー(ジョン シリウスM)

今回の改良で「メガーヌR.S.」には300psを発生するエンジンを搭載し、「メガーヌR.S.トロフィーMT」にはローンチコントロールを採用するとともに走行モードをより細かく設定できるルノー・マルチセンスを装備するなど、走りのレベルをさらに引き上げています。

1.8Lで300ps/420Nmを発生するM5P型エンジン

しなやかなでありながらダンピングの効いたサスペンションと、安心感のあるハンドリングが特長の「メガーヌR.S.」が、「メガーヌR.S.トロフィー」と同じ最高出力300ps、最大トルク420Nmのハイチューン エンジンを新たに搭載。

また、アクティブバルブにより排気音の音響特性を変化させるスポーツエキゾースト、滑りにくく耐久性に優れたナパレザー/アルカンタラ張りステアリングといった走りの質を高める装備も充実し、ワインディングでのドライビング プレジャーを一段と高めています。

コーナリングスピードの向上を目的にロールを抑えたシャシー、トルセンLSD、前輪アルミ製ハブキャリア/鋳鉄製スリット入りブレーキディスクなど、クローズドコースでのスポーツドライビング性能を高めた「メガーヌR.S.トロフィー」は、これまで6速AT(EDC)モデルのみに搭載されていたローンチコントロールを新たにMTモデルにも搭載しました。

メガーヌR.Sトロフィーのレカロ製シート

両モデルとも、ルノー・マルチセンスにより、4コントロールを始めとする運転モードを、これまで以上に細かくカスタマイズすることが可能となっているのも改良点です。

また、アダプティブクルーズコントロール(EDCモデルはストップ&ゴー機能付)、アクティブ エマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ:歩行者検知機能付)など、先進の運転支援システムが新たに装備されるなど、今回の改良でより装備の充実も図られています。

ルノー メガーヌRS トロフィー 主要諸元

価格

ルノー メガーヌ 関連記事
ルノー 関連記事
ルノー・ジャポン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る