ルノー 「ルーテシアR.S.トロフィー ファイナルエディション」発売

ルノー・ジャポンは2019年12月5日、 最高出力220psの1.6L直噴ターボエンジンと素早いシフトチェンジを可能にする6速AT(6EDC)で、レーシングカー直系の刺激的な走りが楽しめる「ルーテシア ルノー・スポール」に、現行モデル(ルーテシア4)では最後の限定車となる「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー ファイナルエディション」を50台限定で発売した。

ルノー 「ルーテシアR.S.トロフィー ファイナルエディション」発売

モデル概要

ルーテシアR.S.トロフィーは、最高出力220ps、最大トルク260Nmを発生する1.6L直噴ターボエンジンと、スムーズでクイックなシフトチェンジができる6速AT(6EDC)、 ラリーの世界で開発されたハイドロリック・コンプレッション・コントロール、ノーマル/スポーツ/レースの3つのモードが選択できるR.S.ドライブといった装備により、レーシングカー直系のエモーショナルな走りが楽しめるコンパクト・スポーツモデルだ。

「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー ファイナルエディション」の装備は、ブラックエンブレム、ブラック・シャークフィン・アンテナ、そしてルノー・スポールのテスト/開発ドライバーで、ニュルブルクリンク サーキットで量販FF車最速タイムを出した開発ドライバーのローラン・ウルゴンのサイン入りシリアルプレートを装備した限定車となっている。ボディカラーはブラン・グラシエのみの設定だ。

ルノー 「ルーテシアR.S.トロフィー ファイナルエディション」発売

ルーテシアシリーズ(ルーテシア4)がモデルチェンジし、まもなく新型ルーテシア(ルーテシア5)が登場するため、今回の「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー ファイナルエディション」が、現行ルーテシア ルノー・スポールの最後の限定車となる。

【価格】

・ルーテシア ルノー・スポール トロフィー ファイナルエディション:340万2000円(税込み)

ルノー ルーテシア 関連情報
ルノー 関連情報
ルノー・ジャポン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る