アルピーヌ「アルピーヌA110カラー エディション2020」限定車受注開始

アルピーヌ・ジャポンは、ファッションの世界から着想を得て、毎年特別なボディカラーに塗装したアルピーヌA110を登場させるプログラム「アルピーヌA110カラー エディション」の2020年モデルを、2020年6月5日オフィシャルウェブサイトとアルピーヌ販売店で申込受付を開始しました。

「アルピーヌA110カラーエディション」は期間限定の受注生産モデルというわけで、2020モデルは、A110Sをベースに、60年代から70年代に人気を博したイエローのボディカラー「ジョン トゥルヌソル(ひまわりの黄色)」を使用したイエローとブラックの大胆なコントラストのカラーリングです。


この特別なボディカラーは、ブラックエンブレム/モノグラム、カーボンルーフ、ブラック18インチアロイホイールなどブラックパーツとの大胆なコントラストによっていっそう際立ち、スポーティさと個性を際立たせています。


インテリアもエクステリア同様、チタンブラックの内装とドアパネルのイエロー、イエロー/カーボンエンブレム、ステアリングのイエローセンターマーカーとのコントラストのデザインを採用し、特別なモデルであることが分かります。センターコンソールには、ALPINEロゴ入りリミテッドエディションプレートも装着されています。

このスペシャルモデルは2020年6月5日から申込受付を開始し、2021年3月31日までに購入手続きを完了する必要があります。

やばいよやばいよ

現在、ルノー グループは大幅な企業構造改革を計画しており、アルピーヌを生産するディエップ工場の閉鎖も囁かれているだけに、この限定モデルは希少なモデルとなるかもしれません。

購入申込みオフィシャルWEBサイト:https://alpinecars.jp/

価格

アルピーヌ A110 カラーエディション2020(右ハンドル):911万円(税込み)

アルピーヌ A110 関連記事
アルピーヌ 関連記事
アルピーヌ・ジャポン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る