アルピーヌが復活 ブランド復活の背景とピュアスポーツカー「A110」とは? 詳細解説

アルピーヌ A110 大極司CEO ローラン・ピック駐日フランス大使 マーケティング担当ジュリアン・ジェファード氏 トマ・ビルコCOO
左からアルピーヌ・ジャポンの大極司CEO、ローラン・ピック駐日フランス大使、マーケティング担当のジュリアン・ジェファード氏、アルピーヌ・ジャポンのトマ・ビルコCOO

2018年6月22日、新たに設立されたアルピーヌ・ジャポンは、2座席ミッドシップスポーツカーの「アルピーヌA110」を日本市場割当分の50台を限定で販売すると発表した。新型アルピーヌA110はグローバルで1955台生産され「プルミエールエディション」(ボディカラーはブルーアルピーヌ・メタリック)はカタログモデルの年内導入に先駆けて限定発売された。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る