ポルシェ 電動スポーツカー「タイカン」一部改良と航続距離延長

ポルシェ本社は2021年8月30日、電気駆動のスポーツカー、タイカンとタイカン・クロスツーリスモの2022年イヤーモデルを発表しました。このモデルでは幅広い変更が行なわれ、航続距離も伸延しています。なお、2022年型タイカンの日本への導入時期、価格は未定となっています。

実用航続距離の延長

技術的進化により、このフル電動スポーツカーの実質的な航続距離は伸びています。ただし、新型タイカンのバッテリーなどのハードウエアが変更されたわけではありません。

この実用航続距離を伸ばすために、ノーマルおよびレンジモードでは、フロントの電気モーターはほぼ完全に切り離され、4WDモードでは部分負荷時には無通電状態、つまりコースティング状態になります。さらに、コースティング時や停車時には、前後いずれのアクスルのモーターにも電力が伝達されません。この電気的なフリーホイール機能により、機械的な損失が抑えられます。

リモートパークアシスト

そしてオプションとして新設定されたリモートパークアシストを使うと、駐車スペースに出入りするときに、ドライバーが運転席に座っていなくても、スマートフォンを使って遠隔操作で自由に取り回すことができます。並列駐車でも縦列駐車でも、ガレージでも、自動制御が可能です。

システムにより自動的に駐車スペースを検知し、車両の超音波センサーとカメラシステムを使って駐車スペースの寸法を測定。十分なスペースがある場合は、ドライバーはポルシェコネクト・アプリを使って駐車プロセスを開始し、車両から降りることができます。

スマートフォンのアプリインターフェースのボタンを押したままにすると、駐車プロセスを連続的にモニターすることができます。ステアリング操作や車両の前後への動きを、リモートパークアシスト機能が自動操作。ボタンを放すと、即座にタイカンの駐車操作は停止されます。なおこのリモートパークアシストはiPhone 7とiOS13以降のiPhoneに対応しています。

コネクテッド・サービスとインフォテイメント

これまでタイカンには第6世代ポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)が装備されてきました。それによりAppleミュージックやAppleポッドキャストのシームレスな統合を行なうなどコネクティビティ・サービスを実現してきました。

今回からはiPhone向けApple CarPlayのサポートと並んで、Android AutoがPCMに組み込まれることになり、Android OSを搭載したスマートフォンもサポートされることになりました。このため走行安全性に影響を及ぼすことのない特定の電話機能やスマートフォンアプリであれば、PCM 6.0経由またはGoogle Assistant音声コマンドで操作できるようになりました。

音声アシスタントのボイスパイロットも、日常の言葉での指示をさらによく理解できるように改良されました。GPSナビゲーションシステムの計算も迅速化し、おもに地点情報(POI)のオンライン検索を使用しながら、その情報もさらに明確に表示されるようにななっています

また、インフォテイメントのレイアウトとオペレーティングシステムも改良されました。その結果、中央ディスプレイの左側のメニューオプションが3つから5つに増え、アイコンも個別に配置可能になりっています。

伝説のカラーが復活

1990年代、ポルシェは多くの非常にカラフルなボディカラーを導入していました。これらのカラーはポルシェファンの間で伝説的な地位を獲得し、現在、964世代のモデルのようなクラシックカーでとくに人気が高くなっています。

こうした魅力的なカラーを、今回から復活させるこになりました。ポルシェ・エクスクルーシブマニュファクチャーのパーソナリゼーション戦略の一環として、タイカンでは17種類の標準塗装カラーに加え、ペイントtoサンプルとペイントtoサンプルプラスも近々利用可能になります。

ペイントtoサンプルによりムーンライト・ブルーメタリック、アシッドグリーン、ルビースター、リビエラブルー、ビオラメタリックなどポルシェ特有のカラーを含む63色が塗装可能になります。またペインtoサンプルプラスでは、ほぼ完全に自由に顧客がカラーを選ぶことができ、タイカンをお気に入りのアクセサリーの色にあわせることも可能になっています。

拡大するポルシェジャパンの充電サービス

ポルシェジャパンでは日本でのチャージングネットワークの構築にも積極的に取り組んでいます。国内でもっともパワフルな150kW(CHAdeMO規格)の最高出力を誇る「ポルシェターボチャージャージングステーション」はタイカンの車載バッテリーを30分で80%(走行距離約300㎞分)まで充電することが可能です。

現在ポルシェターボチャージャーが設置されたステーションは、都市型充電インフラとしてLINKS UMEDA、あべのハルカス、ヒルトン名古屋、ナゴヤセントラルガーデン、虎ノ門ヒルズですでに稼働しており、設置施設は順次拡大されます。

また日本国内のポルシェセンターのうち、27拠点のポルシェターボチャージングステーションと同規格のDCチャージャーが稼働しており、2023年末までにはすべてのポルシェセンターでの設置が完了する予定です。またホテルや温泉施設、レストラン、ゴルフ場などのレジャー施設を中心に展開する普通充電器設置プログラム「ポルシェデスティネーションチャージングステーション」には8kW出力充電器を設置。現在15箇所で稼働しています。

ポルシェチャージングネットワーク:https://www.porsche.co.jp/sp/charging/#search

ポルシェ タイカン 関連情報
ポルシェ 関連情報
ポルシェ・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る