ポルシェ FR駆動の電動スポーツカー「タイカン」を追加

ポルシェジャパンは2021年1月28日、電気駆動スポーツカー、タイカン ターボS、タイカンターボ、タイカン4Sに続くポルシェ初のフル電動スポーツカーの4番目のバリエーションとして、FR駆動モデル「タイカン」の予約受注を1月28日から開始すると発表しました。

エントリーモデルとなるFR駆動のタイカンも、目を見張る加速力、スポーツカー特有の大トルク、そして連続使用可能な卓越した出力といった特長を備えています。

リヤアクスルの永久励磁同期モーターの有効長はタイカン4Sと同じ130mmで、パルス制御インバーターが最大600Aで作動します。駆動システムは、リヤの永久励磁同期モーターに加えて2速トランスミッションも装備。そしてタイカン シリーズと同様のインテリジェントな充電マネジメントとCd値0.22という優れたエアロダイナミクスを備えています。

シャシーには中央統合ネットワーク制御システムが採用されており、統合されたポルシェ4Dシャーシコントロールが、全てのシャシーシステムをリアルタイムに分析、同期させることができます。PASM(ポルシェ アクティブサスペンションマネジメント)電子制御ダンパーシステムがタイカンに標準装備されたスチールスプリングサスペンションまたはオプションの3チャンバーテクノロジー アダプティブエアサスペンションと組み合わされています。

アダプティブエアサスペンションには、スマートリフト機能も装備されています。これは、道路のバンプやガレージのドライブウェイなど、いつも通る特定の場所で車高を自動的に持ち上げるようにプログラムします。スマートリフト機能は、高速道路でもアクティブに車高に介入し、効率と走行快適性を最大限にバランスさせるように車高を調整できます。

ブレーキは、フロントに対向6ピストン式アルミニウム製モノブロックキャリパー、リヤに対向4ピストン式キャリパーを標準装備しています。ベンチレーテッドブレーキディスクの外径は、フロントが360mm、リヤが358mmで、キャリパーはブラックアルマイト仕上げです。高性能のポルシェ サーフェスコーテッドブレーキ(PSCB)がオプションに用意され、このブレーキのディスクの外径はフロント410mm、リア365mmとなっています。

FR駆動のタイカンには、2種類のバッテリー容量が設定されています。標準装備されるパフォーマンスバッテリーは、ローンチコントロールとオーバーブーストモード使用時に最高出力408psを発生し、オプションのパフォーマンスバッテリー プラスを選択すると、最高出力は476psに増加します。

公称出力はそれぞれ326psと380psです。他のタイカンモデと同様に、カラーヘッドアップディスプレイと、最大22kWの充電容量を備えたオンボードチャージャーがオプション装備に含まれています。

スタンダード装備は、容量79.2kWhのパフォーマンスバッテリー(シングルデッキ)で、オプションで容量93.4kWhのパフォーマンスバッテリー プラス(2デッキ)を選択できるようになっています。航続距離(WLTP)はそれぞれ431kmと484kmとなっています。どちらのバッテリーの場合も、0-100km/h加速は5.4秒で、最高速度は230km/h。

FRモデルの追加でタイカン シリーズのラインアップが完成

インテリアはタイカン シリーズ共通で革新的なリサイクル素材で作られたパーシャルレザー インテリア仕上げとなっており、8way電動調節機能付フロントコンフォートシートが標準装備されます。フロントに84L、リヤに最大407Lの容量を持つ2つのラゲッジスペースを備えています。

価格

ポルシェ タイカン 関連記事
ポルシェ 関連記事
ポルシェ ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る