千葉県・木更津に「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」を2021年晩夏にオープン

ポルシェジャパンは2020年11月24日、ポルシェが世界で展開するスポーツドライビング&ブランド体験施設「ポルシェ・エクスペリエンスセンター」(PEC)を2021年夏の後半に、日本で初めて千葉県・木更津市に開設すると発表しました。

■ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京
これまでにポルシェ・エクスペリエンスセンターは、シルバーストーン(イギリス)、アトランタ(アメリカ)、ル・マン(フランス)、ライプツィヒ(ドイツ)、ロサンゼルス(アメリカ)、上海(中国)、ホッケンハイム(ドイツ)、フランチャコルタ(イタリア:2021年オープン予定)の各都市に開設しており、「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」は世界で9番目のポルシェのブランド体験施設となります。

ただし、諸国の既存のポルシェ・エクスペリエンスセンターは、いずれもすでにあるサーキット煮隣接したフラットな地形のコースですが、今回発表された「ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京」は、千葉県・木更津市の険しい丘陵地にオリジナルで建設される立体的なコースで、周回コースにはニュルブルクリンクのカルーセル コーナーや、ラグナセカのコークスクリュー コーナーのような難易度の高いカーブも高低差を利用して作られているのが大きな特長になっています。

またここは、周回コースに加え、ポルシェのスポーツカー性能を充分に引き出す様々なトラックコンテンツ、ダイナミックエリア、ドリフト場、低ミューのスキッドパッド、瞬間的に発生する危険回避を体験できるキックプレートなどの施設、さらにSUVの性能を満喫できるオフロード コースなども揃えられています。

併設される建物では専属インストラクターによるポルシェの運転理論や技術の本格的なレクチャープログラムが実施されます。また来場する全ての人にポルシェ ブランドを体感できるラウンジやレストラン、本格的なレーシングシミュレーターなども設けられます。
その他に、各種の研修が行なえるミーティングルームや、コーポレートイベントが開催できるエリアも用意され、ポルシェ限定ではなく、他企業のビジネスニーズにも対応することになっています。

メインの周回コースは高低差がある2.1kmの距離で、カルーセルやコークスクリュー コーナーが再現されているなど地形を生かしたテクニカルコースとなっています。

建物は、日本の伝統的工芸品の江戸切子をモチーフに外観のデザインを採用。矢来紋(やらいもん)という斜めの線で構成された日本の伝統文様により、華やかなデザイン性と損傷や汚れから保護する伝統的な様式を活かしています。館内にも左官(さかん)や日本庭園を連想させる和のテイストが採用されています。

ポルシェAGセールスおよびマーケティング担当のデトレフ・フォン・プラテン取締役は「ポルシェは唯一無二の顧客体験を最優先する企業であって、世界中のポルシェ・エクスペリエンスセンターがこの戦略的アプローチを独自の方法で具現化させています。自動車業界全体を見渡しても、同じ方法を採用している企業は他に見当たりません。日本のお客様は、ポルシェ製品のスポーツ性とエクスクルーシビティーをこよなく愛しておられます。この新しいポルシェ・エクスペリエンスセンターは、それぞれのお客様がポルシェの情熱に触れ、それを他の人達と共有することのできる絶好の場所となるでしょう」と語っています。

このことからもわかるように、ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京はポルシェ本社の直轄事業で、2016年頃から候補地探しが開始され、2018年に建設するために役員会で約50億円の投資が決定されています。ポルシェのブランド価値は、広告やプロモーションではなく実体験によって確固たるものになることを実証するための投資といえます。

ポルシェジャパンのミヒャエル・キルシュ社長は、「日本にポルシェ・エクスペリエンスセンターを設立できることに深い喜びを感じています。この千葉県木更津市はとても美しい自然に囲まれた都市で、設立にあたり環境保全に関わる問題を深く追求し協議してきました。ポルシェは千葉県および木更津市のコミュニティに対し、貢献できる良き企業市民でありたいと考えます。新しい観光スポットを作り、雇用の機会を創出するだけでなく、世界的にも非常に美しいこの千葉の立地においてエキサイティングな試乗体験を提供したいと思っております。既存のお客様はもちろんのこと、ポルシェオーナー以外のお客様や様々な企業のビジネスニーズに対応するこの新しい施設は、どなたにもご利用いただけます。多くの方が集い新しいスポットとして注目されることを願います」と語っています。
木更津市に決定されたのは自然の地形に加え、東京からのアクセスの良さが決め手になっています。フェラーリやベントレーを販売する大手商社のコーンズも、千葉県・南房総市に会員制ドライビングクラブと周回コース「THE MAGARIGAWA CLUB」(ザ・マガリカワ・クラブ)は2022年末に完成予定となっているなど、千葉県はドライビング体験の聖地となりそうな気配です。

ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京の概要
住所:木更津市伊豆島字中ノ台1148-1
敷地面積:43ha
事業区域:13ha
コース:全長2.1km
ウェブサイト:https://www.porsche.co.jp/pec/

■企業の社会的責任としてのポルシェジャパンのCSR活動
ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京の施設は、木更津市の自然と日本らしい風景を生かし、他にはない高いレベルで自然を活かす方針になっています。また千葉の自然環境保全条例規定に基づき、木更津市立ち合いのもと「自然環境保全協定」を2020年6月15日に千葉県と締結しています。

これを通じて、ポルシェジャパンは自然の保存、植生の回復など適切な措置を講じるだけでなく、伐採樹木を定量的に把握し公開するなど積極的に情報開示を行なうことにしています。さらに湿地等に生育する希少植物の生育を保全するため、専用の保全地、湿性生物保全エリアを新たに設置するなど、一歩踏み込んだ環境への配慮を行なうことになっています。

災害支援活動やコミュニティプログラムを千葉県、木更津市と密接に連携して進めていくための覚書を調印した渡辺芳邦・木更津市長(左)、ミヒャエル・キルシュ社長(中)、森田健作・千葉県知事(右)

またポルシェジャパンは独自の包括的なCSRプログラム「Porsche. Dream Together」のコンセプトに基づき、大小さまざまな規模の災害支援活動やコミュニティプログラムを千葉県、木更津市の地域と密接に連携して進めていく予定で、そのための覚書を2020年11月24日にポルシェジャパン、木更津市、千葉県の3者で取り交わしました。

ポルシェジャパンのCSR活動「Porsche. Dream Together」は、若者が「夢」を見て、叶えるその瞬間に寄り添うための活動です。日本の社会課題のひとつとして、若者が将来に向けて「夢」を見つけられていないこと、未来の「夢」に向けた教育投資が少ないことに着目し、少子高齢社会が訪れる日本において、若者が夢を持つこと、そして夢を叶えることへ支援を行なおうということです。

活動は大別して3種類で、小学生から高校生を対象に「夢を持つきっかけを提供する活動」、小学生から高校生を対象にした「夢を叶えるサポートをする活動」、ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京を開設する千葉県と「自然環境保全協定」を2020年6月15日に締結し、これを通じて持続的な環境保護を行なう活動になっています。

「夢を持つきっかけを提供する活動」では本気で夢を追い求めるプロフェッショナルとの接点の場として、未来をつくりだす意欲と創造性を育む特別講演やワークショップなどのイベントを企画。

「夢を叶えるサポートをする活動」は、東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野中邑研究室、ROCKETプロジェクトを通して、異才・ユニークな才能を有するスカラーシップ生を一般公募から募り、本物の体験と創造性の豊かさを追求することになっています。

ポルシェ 関連記事
ポルシェジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る