プジョー フロントマスクに牙型サーベル型ライトの7座席SUV「5008」

グループPSAジャパンは2021年1月27日、プジョーの7座席SUV「5008」に新世代のフロントマスクを採用するなどマイナーチェンジを行ない、発売しました。

今回のマイナーチェンジで、新世代プジョーとして統一感のあるエクステリア デザインを採用。従来のクラムシェル式ボンネットサイドのパーテーションラインからヘッドライト上を通っていたLEDデイタイムライトは、新世代プジョーのデザイン様式である牙の形状をしたサーベル型ライト(デイタイムランニングライト)とフレームレスのフロントマスク、初採用のフルLEDリヤライトなどを採用しています。

リヤはボディ幅いっぱいに広がったブラックのベルトと、ライオンの爪あとから着想を得た、三条のLEDが赤く光る3D LEDリヤコンビランプの構成になっています。この3D LEDリヤコンビランプは立体感を増し、ウインカー点灯時に光が流れるシーケンシャルインジケーター式になっています。

インテリアは、「プジョー i-Cockpit」コンセプトを引き続き採用。新型5008のインテリアのハイライトのひとつは刷新されたシートです。あたりの柔らかさ、疲労の少なさ、快適性をさらに高めるべく細心のデザインを採用。

GTグレードのシート

GT(ディーゼル/ガソリン)にはアルカンターラ&テップレザーのダークグレー基調の表皮を使用。フロントシートヒーター、運転席メモリー付きパワーシートとマルチポイントランバーサポートシートを備えています。

なお、オプションでレザーパッケージが選択でき、ナッパレザーシートの表皮、ウッドパネルにオープンポア(木材の持つ自然な導管の質感を生かした仕上げ)のトリムとすることができます。

アリュール ブルーHDi(ディーゼル)、アリュール(ガソリン)にはファブリック&テップレザーのダークグレー基調のシート生地を採用。

5008のロングボディならではの優れたユーティリティを備え、3列目のシートを含め、すべてのシートは完全に独立式で、あらゆるパターンのシートアレンジを可能にし、荷物の量、乗車人数、アクティビティに合わせたミニバンに匹敵する利便性となっています。

ラゲッジ容量は5人乗車で702L、2列目、3列目のシートを畳むと1862Lという巨大なスペースが実現します。

運転支援システムは最新のシステム、機能を標準でフル装備しており、オプションで機能を追加する必要はないのが大きなメリットです。

パワーユニットは2.0LのクリーンディーゼルのブルーHDi、1.6L直噴ターボのガソリンを設定。グレードはGT、アリュールの2グレードとなっています。

価格

プジョー 5008 関連記事
プジョー 関連記事
プジョー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る