プジョー308/308SWを大幅改良 特別仕様車「ロードトリップ」も設定

グループPSAジャパンは10月14日、プジョー ブランドのCセグメントハッチバック「308」、ステーションワゴンの「308SW」に最新のデジタルヘッドアッフ メーターパネルを導入するなど、大幅なバージョンアップを行ない発売しました。また、装備を充実させた特別仕様車「ロードトリップ」を新設定しています。

装備の充実と洗練

ヨーロッパのCセグメントモデルの象徴として、2015年10月に日本デビューしたハッチバックの308、308SWはプジョー ブランドを支える中核モデルです。この308、308SWが大幅な改良を受け、一段と進化することになりました。

最適なサイズ、走りの楽しさ、環境性能、安全性、そしてユーティリティといった各要素の高次元でのバランスを保ちながら、プジョーi-Cockpitをさらにアップデートさせた最新のデジタルヘッドアップ インストルメントパネルを装備しました。

これまで指針式だったヘッドアップ ディスプレイのメーター表示が、デジタル表示となり、これまで以上にさまざまな情報を整理し表示することが可能に。

視認性の向上と美しい書体、デザイン性がドライバーにアピールします。このデジタルヘッドアップ インストルメントパネルは通常のメーター表示に加え、アクティブクルーズコントロール作動時に、ドライブモードやドライバーの好みに応じた情報の優先順位が付けられるパーソナルモードなどを備えています。

その他に、全モデルがテップレザー&ファブリックシートとし、GTブルーHDiのステアリング、インテリア、シートにはスポーティなレッドステッチを採用しています。

さらに、より精悍でシャープな印象の新デザイン アロイホイールを装備するなど、細部にわたり洗練されています。ボディカラーは、新型208、新型SUV2008で好評を得ている新色ヴァーティゴ・ブルーを追加設定しています。

またグレード体系を見直し、定評の1.5Lクリーンターボディーゼル(DV5型)のGTブルーHDiと、1.5Lのクリーンターボディーゼルエンジ、1.2Lのターボガソリン(EB6型)のアリュールという2グレードに集約しています。

1.2Lターボガソリンエンジンは欧州排ガス規制ユーロ6.3に対応した新バージョンとなり、燃費もJC08モードで17.0km/Lから18.8km/L、WLTCモードで15.6km/Lから15.9km/Lへ向上しています。

運転支援システムは全モデルに標準装備されているのも大きな特長です。アクティブセーフティブレーキ、アクティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、ディスタンスアラート 、フロント&バックソナー/ワイドバックアイカメラ、ヒルスタートアシスタンスン機能を備えています。

なお、今回の大幅改良にともない、308GTi byプジョースポーツ、2.0Lクリーンディーゼル(DW10)搭載のGTブルーHDi、GTラインの各グレードは廃止されます。

特別仕様車「ロードトリップ」

新設定された特別仕様「ロードトリッ」は、アリュールをベースに運転支援システムの追加装備やサンセットオレンジのカラーステッチが鮮やかなデザインのインテリア&シート、オリジナルエンブレムなどを特別装備したバリューの高い仕様となっています。

追加されている運転支援システムは、アクティブフブラインドスポットモニター システム、パークアシスト、アロイペダル&フロントステップガード、オリジナル フロアマット・パノラミックガラスルーフ(SWにオプション)です。

価格

プジョー 308 関連記事
プジョー 308SW 関連記事
プジョー 関連記事
プジョー・ジャポン 公式サイト


ページのトップに戻る