プジョー 新型3008にプラグインハイブリッドの「GTハイブリッド4」を追加し発売

グループPSAジャパンは2021年1月27日、プジョー ブランドのベストセラーCセグメントSUV「3008」に新世代のデザインフェイスと充実の装備を備えるなどビッグマイナーチェンジした新型「3008」を発売しました。そして今回からプジョーとして初のプラグインハイブリッドで4WDとなる「GTハイブリッド4」をラインアップしていることが最大の注目点です。

新登場の3008GTハイブリッド4

2代目となる現在の3008は2016年にデビューし、ヨーロッパのSUV市場をリードし、2017年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーも受賞したモデルであり、プジョーの基幹モデルとなっています。

今回、この3008はビッグマイナーチェンジを受けて登場しました。主なアップデートは、最新のプジョー デザインのフロント マスクを採用し、最新の運転支援システムを装備しています。そしてガソリン、ディーゼルエンジンの燃費を向上させるとともに、システム出力300ps/520Nmをを生み出す4WDのPHEVモデル「GTハイブリッド4」を新たにラインアップに追加しています。

3008はEMP2プラットフォームを採用し、優れた乗り心地、静粛性、ユーティリティを備えています。また最初からPHEV化を前提にしているEMP2の設計のため、バッテリーを搭載し、マルチリンク リヤサスペンションとリヤモーターを搭載するGTハイブリッド4であってもトランクスペースなどはほとんど犠牲になっていないのが特長です。

また、5名乗車時でラゲッジ容量約520L、リヤシートを畳めば1482Lという大容量の積載スペースが実現し、優れたユーティリティを備えています。

エクステリアとインテリア

デザインはよりエレガントに再構築され、サーベル型ライト(デイタイムランニングライト)とフレームレスのフロントフェイスを採用。さらに初採用となるフルLEDのリヤライト、新しいボディカラーなどにより洗練されたエクステリアとなっています。

3008 GT

GTはフルLEDヘッドライトとなり、リヤフォグ点灯時に光度、角度を自動調整するフォグモードが備わり、ヘッドライトユニット内側にスタティックコーナリングライトを内蔵。それらを視覚的に支えるバンパーは、より彫刻的で多面的な造形となり、フロントフェイス全体が統合されたスタイルとなるように新たにデザインされています。

インテリアではドライバーのインターフェースを一新し、「プジョーi-Cockpit」は継承しつつさらに質感を向上。ディスプレイヘッドセットと8インチの高精細タッチスクリーンを新装備。さらにインテリアは全グレードに新デザインのシートを採用し、上質感が一段と向上しています。

GTハイブリッド4には、アルカンターラ&テップレザーのライトグレー基調のシート、GT(ディーゼル/ガソリン)にはアルカンターラ&テップレザーのダークグレー基調の表皮を採用。これらはフロントシートヒーター、運転席メモリー付きパワーシートとマルチポイントランバーサポートシートを装備しています。

アリュール ブルーHDi、アリュールにはファブリック&テップレザーのダークグレー基調の表皮を装備。また、GTハイブリッド4、GTに設定されるレザーパッケージオプションでは人気のナッパレザーシートを継続し、あたらしくウッドパネルにオープンポア(木材の持つ自然な導管の質感を生かした仕上げ)のダークライムウッドが用意されています。

運転支援システム

新型3008は、フラッグシップモデルの508と同等レベルの最新世代ADAS(先進運転支援システム)を装備しています。自動車、2輪車、歩行者、夜間検知に対応するアクティブセーフティブレーキ、アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)、左右の車線の任意の位置(無段階)をドライバーが選択できるレーンポジショニングアシスト、レーンキープアシスト、アクティブ ブラインドスポットモニターシステム、インテリジェントハイビーム、トラフィックサインインフォメーション、フロントソナー/バックソナー/ワイドバックアイカメラなどをフル装備しています。

そのため、運転支援システムに関するオプションはナシとなっています。

PHEVモデル「3008 GTハイブリッド4」

環境への対応とドライビングプレジャーを両立する、まさにプジョーが提案する「退屈な未来は、いらない」を具現化したモデルがGTハイブリッド4です。

プジョー初のプラグインハイブリッド4WDはトータル出力300ps/520Nmを誇り、プジョー市販モデルで最強のモデルであり、CセグメントSUVの中でも動力性能でトップレベルとなっています。

GTハイブリッド4の標準装備シート
GTハイブリッド4のレザーパッケージ オプション

さらに高回転域を伸ばし、ハイチューンされた200ps/300Nmの1.6Lピュアテック・ターボ ガソリンエンジンと電子制御8速オートマチックトランスミッション(EAT8)をベースにしたPHEV専用トランスミッション「e-EAT8」には、フロント駆動用に110ps/320Nmの電動モーターを内蔵。0-100km/h加速は5.9秒と俊足です。

駆動モーターを内蔵するe-EAT8

リヤには112ps/166Nmの駆動モーターを搭載。容量13.2kWhのリチウムイオンバッテリーを組み合わせています。アクセルに即座に反応するリヤモーターの駆動によって旋回をコントロールするダイナミックな、これまでにないドライビング感覚を味わうことができます。

3008GTハイブリッド4は、4種類のドライブモードを採用。4WDモードは常時リヤモーターが駆動し、トラクションを最大化しながら4輪のグリップを最適化するために、前後の駆動を自動コントロールするシステムです。発進時から135km/hまではリヤ駆動を加えた4WDで、状況に応じてFFにも切り替わります。

スポーツモードは、ダイナミックな走行のためにエンジン主体で駆動するスポーツモード。シフトアップタイミングを遅らせエンジンの出力を引き出し、アクセルレスポンス、ギヤシフトタイミング、ステアリングなどを統合制御します。

システム始動時のデフォルトモードがハイブリッドモードで、総合的にもっともエネルギー効率の良い走行モードがデフォルトになっています。バッテリー残量がある限りは、発進時はリヤモーター駆動で、走行中はエンジンとモーターが運転状況によりフレキシブルかつスムーズに切り替わります。

エレクトリックモードは、アクセルを深く踏み込んだ際は、自動的にエンジンも稼働します。このモードでは最高速度135km/h、EV走行距離はWLTCモードで64kmです。

バッテリーの充電は普通充電のみに対応しており、200V/3kWで約5時間、200V/6kWで約2時間半で満充電となります。専用充電ケーブルが付属しており、充電ポートは車輌左後方に位置してします。

3008GTハイブリッド4は、スマートフォンのアプリを利用したeリモートコントロールというPHEVならではの機能を実装。スマートフォンの専用アプリ(iOSおよびAndroid OSに対応)の操作により予約充電などリモートチャージングとプリコンディショニングの操作が可能です。

GTグレード

GTブルーHDi/GTは、フルLEDヘッドライト、運転席メモリー付きパワーシート、フロントシートヒーターなどの快適装備、タイヤのトラクションを最適化して悪路走破性を高めるヒルディセントコントロール付きアドバンストグリップコントロールなどを備えています。

2.0LのブルーHDiクリーンターボディーゼルは、可変ジオメトリーターボを採用し、177ps/400Nmの出力によりパワフルな走りを生み出します。また独自のクリーンテクノロジーにより、ユーロ6.2に対応する環境性能と16.6km/L(WLTCモード)の燃費を実現。

1.6Lのピュアテック ターボ・ガソリンエンジンはツインスクロールターボチャージャーにより1650rpmという低回転域から250Nmのトルクを発生。そして燃費が改善され、WLTCモードで15.6km/L従来は13.4km/L)となっています。

アリュール

アリュール ブルーHDi/アリュールは、先進の運転支援システムをフル装備する他に、LEDヘッドライト、ファブリック&テップレザーシートにダッシュボードのファブリックデコレーション、ハンズフリーテールゲートなど装備するエントリーグレードです。

パワートレーンはGTグレードと共通です。

プジョー 3008 諸元表

価格

プジョー 3008 関連記事
プジョー 関連記事
プジョー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る