急速充電サービス「ENEOS Charge Plus」ステランティス正規ディーラーで提供開始へ

ステランティス・ジャパンは2022年11月21日、エネオスが11月21日(月)からサービス提供を開始する、電気自動車の急速充電サービス「ENEOS Charge Plus」を2022年度中にステランティス ジャパンの正規ディーラー 、59店舗で提供開始すると発表した。

日本政府は2050年のカーボンニュートラルを目指し、EVを含めた電動車の普及を促進するため、2035年までに新車販売における電動車比率を100%とする方針を発表しており、インフラ面では、2030年までにEV急速充電器3万基およびEV普通充電器12万基の設置を目標に掲げている。

ステランティス グループは電動化への移行を積極的に推進しており、世界で75車種を超えるバッテリー式電気自動車の提供を目指している。日本市場においても幅広いセグメントにEVとPHEVを積極的に導入しており、プジョー e-208/e-2008、フィアット 500e、ジープ 4xeモデルなど、様々な車種をを投入している。

2022年は、新たにPHEVとバッテリー式電気自動車(BEV)のモデルをプジョー/シトロエン/DSオートモビル/フィアット/ジープの各ブランドで導入し、電動車としてのラインナップも拡大させている。

ステランティス ジャパンも、電動モビリティの分野でリーダーシップをとることを目指し、今後も積極的に電動化戦略を推進するとしている。

ENEOSがサービス提供を開始するEV経路充電における急速充電サービス「ENEOS Charge Plus」は、11月21日(月)から2ヶ所のサービスステーション(埼玉県・浦和美園SS、東京日野市 Dr.Driveセルフ日野SS)に急速充電器を設置。ENEOSは、2022年度中に約170基の急速充電器設置を皮切りに、全国1万2000カ所超のサービスステーション・ネットワークを活かしてEV急速充電器の設置拡大に取り組むことになる。さらにはサービスステーション以外にステランティス ジャパンのディーラー、商業施設、コンビニエンスストアなどへの設置も積極的に展開する予定としている。

ENEOS Charge Plus 充電スポット検索:https://eneos-ss.com/search/ev/rwd/top.php

ステランティス 関連記事
ステランティス・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る