MINI COOPER 10年ぶりのフルモデルチェンジ。EVもラインアップに追加されライフスタイルのトレンド「シンプリシティ」でデザイン

BMWジャパンは2024年3月1日、10年振りにフルモデルチェンジしたスモールコンパクト・ハッチバック「MINIクーパー 3ドア」と、5ドアのカントリーマンに追加モデルとして「MINI カントリーマン E/MINI カントリーマン SE ALL4」を追加発表し販売を開始した。なおデリバリーは第二四半期以降が予定されている。

MINIクーパー S 3ドア(左)とMINI カントリーマン SE ALL4

新型MINIクーパー 3ドアは、BMWのMINIとしては4代目となる。そしてこのニューモデルはガソリンエンジンに加え、日本市場では量産MINIとしては初となる電気自動車の新型MINIクーパー E 3ドア、MINIクーパー SE 3ドアをラインアップ。

MINIクーパー S 3ドア(ガソリンエンジン)

グレードでは、エントリーモデルのMINIクーパー C 、上級モデルのMINIクーパー S 、そしてEVモデルのMINIクーパー E 、上級モデルのMINIクーパー SE と4グレードを展開している。ちなみに名称も変更し、3ドアモデルが「MINI COOPER」で統一されている。

MINIクーパー S 3ドアのインテリア

そして、MINI カントリーマン Eがエントリーモデルで追加され、上級のAWDモデルはカントリーマン SE ALL4となっている。

MINIクーパーのボディサイズは、全長3860(EV)/3875mm(エンジン・モデル)、全幅1745mm(ガソリン・モデル)/1755mm(EV)、全高1455mm(ガソリン・モデル)/1460mm(EV)、ホイールベース2495mm(ガソリン・モデル)、2525mm(EV)で、従来モデルに比べてわずかに全高、全幅が拡大されている。

また、MINI カントリーマン E/MINI カントリーマン SE ALL4は、全長4445mm、全幅1845mm、全高1640mm、ホイールベース2690mm。

■パワートレイン
MINIクーパー C :BMWの新世代モジュラー設計の高効率1.5L・直列3気筒MINIツインパワー・ターボ・ガソリンエンジンを搭載。最高出力156ps(115kW)/5000rpm、最大トルク230Nm/1500-4600rpmを発生。ダイナミックな走りを実現する7速DCTトランスミッションが組み合わされている。

MINIクーパー S :新世代モジュラー設計の2.0L直列4気筒ツインパワー・ターボ・ガソリンエンジンを搭載し、最高出力204ps(150kW)/5000rpm、最大トルク300Nm/1450-4500rpmを発生する。トランスミッションは7速DCTが組み合わされている。

MINIクーパー E :最高出力184ps(135kW)、最大トルク290Nmを発生する電気モーターを前輪に搭載。0-100km/h加速は7.3秒。ボディ床下に収納されているリチウムイオン電池のバッテリー容量は126Ah/40.7kWhで、一充電での走行可能距離は305km(ヨーロッパWLTPモード)。

MINIクーパー SE 3:最高出力218ps(160kW)、最大トルク330Nmを発生する電気モーターを前輪に搭載。0-100km/h加速は6.7秒と俊足だ。ボディ床下に収納されているリチウムイオン電池のバッテリー容量は136Ah/54.2kWhで、一充電での走行可能距離は402km(ヨーロッパWLTCモード)。

MINI カントリーマン E:フロントに搭載するモーター出力は最高出力204ps、最大トルク250Nmを発生。232Ah/66.45kWhのエネルギー容量を持つ強力なバッテリーを搭載。一充電で462km(ヨーロッパWLTPモード)の走行が可能だ。

MINI カントリーマン SE ALL4:最高出力190ps、最大トルク247Nmを発生する電気モーターを前輪と後輪に搭載する4輪駆動モデル。リチウムイオン・バッテリーは232Ah/66.45kWhで、一充電で433km(ヨーロッパWLTPモード)。

■デザイン
MINIのDNAを継承しつつ、ミニマルな新しいデザインに刷新されている。デザインテーマは「カリスマティック・シンプリシティ」で、より装飾を抑制したデザインとしている。

MINIクーパー SE 3ドア

パワートレインの違いや航続距離に影響するエアロダイナミクスを考慮し、デザイン細部に空力対策を採用。特に電気自動車の新型MINIクーパーE 、MINIクーパー SE は、よりクリーンな表面処理が特徴的で、ボンネットスクープ、サイドスカットル、ホイールアーチの加飾、ロッドアンテナなどを廃止し、フラッシュ・ドアハンドルおよびフィン・アンテナを採用した。

MINIクーパー SE 3ドアのインテリア

エンジン搭載モデルは、電気自動車との差別化を図り、伝統のデザイン・コンセプトをより強調し、ドアハンドルやアンテナの形状、ホイールアーチの加飾などは、従来モデルの特徴を継承している。

アイコニックなMINIらしさを象徴するフロントフェイス・デザインは、複雑な八角形の輪郭をもつフロントグリルと、新たなヘッドライト・デザインとなっている。

そしてさらに、3種類からカスタマイズ可能なLEDシグニチャーライトやWelcome/Good-byeライトの採用など、新世代に相応しくMINIらしい装備を搭載している。

シグニチャーライトは、フロントとリヤライトの点灯方法を3つのパターンから選択でき、その日の気分でカスタマイズが可能。Welcome/Good-byeライトは、車両のキーを持った状態で車両に近づいたり離れたりすると、フロントとリヤのライトがまるで挨拶をするかのように点滅する、MINIらしい機能だ。

インテリアは温かみのある広いキャビンに最新技術によるデジタル化を融合。従来のメーターパネルは廃止され、運転に必要な全ての情報は、ヘッドアップ・ディスプレイに映し出すことができる。様々な要素を削ぎ落とし、巧みにデザインされた高品質なコンポーネントにより、前方への視界が開け、広々とした室内空間を実現している。

緩やかなカーブを描くダッシュボードには、布地を連想させる新しい素材を初めて採用。リサイクル・ポリエステルを使用したこの新素材は、特別に開発された編み物を作るような製造プロセスにより、手入れが簡単な構造になっている。

最先端の有機ELテクノロジーが採用された大型の円形センターディスプレイには、直径240mmの高品質ガラスが使用され、最適化された高感度タッチ機能を装備。スマートフォンを操作するような直感的な操作が可能で、メインメニューでは、各機能がウィジェットとして横並びに配置され、スワイプやタッチで操作できる。

全車標準装備のMINIエクスペリエンス・モードにより、このニューモデルはインテリアの雰囲気を一変させることができる。ダッシュボード上に最大7パターンの光のグラフィックを投影させることで、光のパターンとアンビエント・イルミネーション、そして新たに作られたMINIドライビング・サウンドによりインテリア全体の印象が変化するのだ。

各モードのそれぞれのデザインにはダイナミックな背景があり、個人の好みに応じて選択することが可能。これらの新たな機能は、個性を活かす手段ともなり、例えばパーソナル・モードでは、お気に入りの画像をディスプレイの背景に設定することができ、またビビッド・モードを設定すると、流れている音楽のカバー・アートの色に合わせたライト・エフェクトが25色の中から自動で選定され、ダッシュボード上に投影されるなど、インテリアにさらなるMINIならではの表現力を発揮する。

MINI カントリーマン SE ALL4

■安全装備など
上級グレードではBMW最新の高性能カメラ&レーダー、高性能プロセッサーによる高い解析能力を持つ統合制御ECUによりドライビング・アシスト(ACC)、車線変更・逸脱警告システム、衝突回避・被害軽減ブレーキを装備。さらにパーキングアシスト、リバース・アシスト機能、360度ドライブレコーダーも備えている。

MINI カントリーマン SE ALL4のインテリア

また、インテリジェント・パーソナル・アシスタントも搭載され、「Hey MINI(ヘイ・ミニ)」と呼びかけるか、ステアリングのトークボタンを押すことで、会話による各種の操作が可能になり、円型有機ELセンター・ディスプレイ上に、グラフィック、テキスト、アバターからなるアニメーションの形で表示されるようになっている。

価格

MINI 関連記事
MINI 公式サイト

自動車技術会
ページのトップに戻る