メルセデス・マイバッハ「 GLS 600 4MATIC Edition 100」国内31台限定で販売

メルセデス・ベンツ日本は2022年7月29日、 メルセデス・ベンツの頂点に位置するウルトラ・ラグジュアリーカーのメルセデス・マイバッハブランドの日本限定31台という特別仕様車「メルセデス・マイバッハ GLS 600 4MATIC Edition 100」を発表し、予約受注を開始している。なおデリバリーは8月が予定されている。

メルセデス・マイバッハ GLS 600 4MATIC Edition 100

メルセデス・マイバッハ GLS 600 4MATIC Edition 100

メルセデス・マイバッハ GLS 600 4MATIC Edition 100は「マイバッハ」100周年を記念するモデルで、ボディカラーにハイテックシルバーとノーティックブルーを組み合わせたこの特別仕様車専用のツートーンペイントとし、ホイールは専用デザインの23インチ・ダークプラチナムディッシュプレート・ホイール(鍛造)を採用。

マイバッハのエンブレムとリヤ・ビュー

さらにクローム処理のエアインテークやハイグロスクロームのアンダーカバーなどを組み合わせ、洗練された高級感を演出している。

インテリアは、クリスタルホワイトのナッパレザーシート、同じくクリスタルホワイトのナッパレザールーフライナー、そしてハイグロスブラックフローイングライン・ピアノラッカー仕上げのウッド・インテリアトリムを採用することで、メルセデス・マイバッハの究極的な美意識と高級感がに満ちた仕上げになっている。

メルセデス・マイバッハ GLS 600 4MATIC

ベースモデルとなるメルセデス・マイバッハ GLS 600 4MATICは2021年7月に発表したものの、部品供給不足により注文受付を中止していたメルセデス・マイバッハ GLS 600 4MATIC(ISG搭載モデル)も、受注を再開した。デリバリーは8月から開始される予定だ。

メルセデス・マイバッハ GLS 600 4MATIC(ISG搭載モデル)は、電動格納式のアルミ製サイドステップ(ランニングボードと呼ぶ)を標準装備する。このステップは、格納状態ではサイドスカート内側に隠れているため外部からはほぼ見えず、車体の中心へ向けて45度傾けて格納されているため、十分な地上高も確保。いずれかのドアを開くとアルミダイキャスト製の電動アームによってランニングボードが姿を現し、水平状態にセットされ、乗り降りしやすくなる仕組みだ。なお、ドアを開くとAIRMATICサスペンションが車高は自動的に25mm下がり、より乗り降りしやすくなっている。

通常のGLSの3列シートを2列にしたことで後席をGLSよりも120mm後方へ配置して余裕あるレッグスペースを確保。後席バックレストの通常の角度は27度〜43.5度までのリクライニングが可能で、まさにファーストクラスのシートとなっている。また、後席の後方にはパーセルシェルフが付いた固定式のパーティションを設置し、居住スペースとラゲッジスペースを分離し、ボディ剛性/騒音レベルや空調効果の向上を図っている。

メルセデス・マイバッハ GLS 600 4MATIC Edition 100のリヤシート

後席には快適機能のすべてを操作できる7インチ画面のMBUXリアタブレットを装備。また、MBUXリアエンターテインメントシステムのモニターも後席左右に配置されている。

後席の左右の間にはオプションの専用シャンパングラスの収納部と750ccのシャンパンボトル3本が入る大型のクーリングボックスも設定されている。そしてまた、センターコンソールに配置されるカップホルダーにも温度調整機能が備わっている。

なお全シートはマッサージ機能、ベンチレーション機能を持つリラクゼーション・シートとなっている。

シャシーでは、48Vモーター駆動による電動スタビライザー、アクティブ制御されるAIRMATICサスペンションを採用。

パワートレーンは気筒休止機構付きの4.0L・V8ツインターボに48Vマイルドハイブリッドを組み合わせている。48Vモーターはエンジンとトランスミッションの間に配置されるISGタイプだ。システム最高出力は558ps、最大トルクは730Nm。

もちろん、最新の運転支援システム、コネクテッド・サービス、会話型の車両コントロールができるMBUXなどをフル装備している。

価格・装備

メルセデス・ベンツ 関連記事
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る