【リコール】メルセデス・ベンツ「GLE 300d」のESC制御プログラムに不具合

メルセデス・ベンツ日本は2021年4月22日、「GLE300d4MATIC」のESC制御プログラムに不具合があるとしてリコールを届け出ました。

この不具合の情報は本国からによるもので、ESC(横滑り防止システム)のECU制御プログラムが不適切であったため、高速操舵を繰り返し行なう試験において、タイヤに過大な応力がかかり、安定して走行できないため、安全基準に適合しないというものです。

対策は該当車両のESCの制御プログラムを対策プログラムに書き換えることになります。

該当車両は2019年7月~2020年6月の間に輸入されたGLE300d4MATICで、合計501台です。

メルセデス・ベンツ GLEクラス 関連記事
メルセデス・ベンツ 関連記事
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る