メルセデス・ベンツ ミッドサイズSUV「GLC」にプラグインハイブリッド モデルを追加

メルセデス・ベンツ日本は2021年1月7日、プレミアムミドルサイズSUV「GLC」に、EQパワー(プラグインハイブリッド)の4輪駆動モデル「GLC350e4MATIC」を発表し、予約注文の受付を開始しました。なお、デリバリーは4月以降と予定されています。

GLCは、Cクラスと同格のミドルクラスSUVです。今回追加する「GLC350e4MATIC」は、最高出力211ps、最大トルク350Nmを発生する2.0Lの直列4気筒ターボエンジンを搭載し、メルセデス・ベンツが「EQパワー」と呼ぶ最新世代のプラグインハイブリッド システムを組み合わせています。

211ps/350Nmを発生する2.0Lの4気筒ターボエンジン

先代よりリチウムイオン バッテリーの容量がアップしたことで、モーターアシス域が向上し、システム総合の最高出力は320ps、最大トルクが700Nmとなっています。130km/hまではモーターのみでの走行が可能。また、電気モーターのみで走行可能な航続距離は47.3kmとなっています。

搭載されるリチウムイオン バッテリーは、ダイムラー社の完全子会社である「ドイッチエ アキュモーティブ」製で、容量は13.5kWh。コンパクトにまとめられたこのバッテリーパックはモジュラー化されており、他のモデルにも搭載されることになっています。

プラグインハイブリッド専用の表示

プラグインハイブリッド モデルならではの装備としてインテリジェントアクセルペダルを装備しています。このアクセルペダルは、EV走行モードの際に、モーター走行の限界点でアクセルペダルの抵抗を増して、これ以上アクセルを踏むとエンジンも使用しなければならないことをドライバーに知らせる機能を持ち、よりEV走行しやすくなっています。

なおこのモデルは家庭での充電が効率的なため、6.0kW(30A)対応の交流普通充電器本体(ウォールチャージャー)が無償提供されるほか、設置にかかる費用負担を軽減するため10万円のサポートを実施しています。

価格

メルセデス・ベンツ GLEクラス 関連記事
メルセデス・ベンツ 関連記事
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る