メルセデス・ベンツ GLAシリーズにエントリーモデルの「GLA180」を追加

メルセデス・ベンツ日本は2021年4月5日、都市型クロスオーバーSUV「GLA」シリーズにエントリーモデルの「GLA180」を追加し、受注を開始しました。なおデリバリーは5月からの予定です。

GLA 180 AMGライン

現行のGLAシリーズは2014年にデビューした都市型クロスオーバーSUVで、メルセデス・ベンツのSUVラインアップで、最も小型のモデルです。

今回追加された「GLA180」はルノーと共同開発した排気量1.4LのオールアルミニウムのM282型エンジンを搭載しています。このエンジンの特長は、超小型、軽量、優れた動剛性、静剛性を備えていることです。ターボチャージャーは電子制御式ウェストゲートを搭載しており、フレキシブルな過給圧制御により、低負荷域においても最適な過給圧を保持。

このエンジンは超コンパクトなデルタ形シリンダーヘッドを備え、通常のシリンダー ヘッドに比べ全高がやや高いものの、幅や重さははるかに小さく、インテークマニホールドとエグゾーストマニホールドを半一体型としています。

最大燃料圧力250バールの高圧インジェクションポンプと、燃焼室中央に配置される多孔式インジェクターを装備。この高圧縮比エンジンは、ノイズの低減にも力を注ぎ、吸気ダクトにヘルムホルツ共鳴器を採用し、触媒コンバーターには遮音シールを施したほか、カバーもノイズ低減の役目を持たせています。

価格

メルセデス・ベンツ日本 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る