メルセデス・ベンツ「EQC」の装備を一部変更し、プライスダウン

メルセデス・ベンツ日本は2021年4月20日、電気自動車「EQC400 4MATIC」の装備を一部見直し、同時にメーカー希望小売価格を改定し、予約注文の受付を開始しました。なお、デリバリーは6月頃が予定されています。

EQC

EQCは、日本におけるメルセデス・ベンツ初の電気自動車です。バッテリーの電力により、前後2基のモーターで最高出力408ps、最大トルク765Nmを発生します。WLTCモードの航続距離は400km。6.4kWまでの交流普通充電と、50kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応しています。

今回の装備変更は、これまで標準装備の「クライメートコントロール(前席左右・後席独立調整)」と「エナジャイジングパッケージ」をレザーエクスクルーシブ・パッケージにセットオプション化し、同様に標準装備していた「ステンレス・ランニングボード」、「プライバシーガラス」、「ヘッドアップディスプレイ」をAMGラインにそれぞれオプション装備として設定しました。また、ガラス・スライディングルーフは単独オプションとして設定しています。

EQC AMGライン

これら装備の見直しなどにより、メーカー希望小売価格を1080万円(税込)から895万円(税込)へと185万円値下げしています。

価格

メルセデス・ベンツ EQC 関連記事
メルセデス・ベンツ 関連記事
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る