メルセデス・ベンツ 初のコンパクトEV「EQA」の受注を開始

メルセデス・ベンツ日本は2021年4月2日、「EQC」に続く電気自動車シリーズの第2弾で、初のコンパクトクラスの「EQA」の発表記念特別仕様車「EQA250エディション1」の注文受付を「EQA特設サイト」で開始しました。

EQA250エディション1

新登場のEQAは、日本の道路環境下でも取り回しのよいサイズとしながら、クロスオーバーSUVとしての日常の使い勝手も両立させた電気自動車です。また、航続距離426km(ヨーロッパWLTPモード参考値)と十分な航続距離を備えています。なお、EQAの日本仕様の正式発表や詳細公開は4月末とされています。

受注を開始する「EQA250エディション1」は、EQAの発表を記念し、専用装備などを充実させた50台限定の特別仕様車です。スポーティでスタイリッシュなAMGエクステリアを採用し、ポーラーホワイトのエクステリアカラー、ハイグロスブラックのアクセントの入ったフロントスポイラーリップ、サイドスカート、ドアミラーハウジング、ルーフレールなどを特別装備しています。

空力にも配慮した繊細なデザインの20インチAMGマルチスポークアルミホイールはエディション1専用にローズゴールドにペイントされています。また、Aピラーの下端部にはエディション1専用バッジが装備されます。

インテリアは、エディション1専用のナバグレー/サイバーカットブルーの本革シートを備え、ドアパネル中央部にもナバグレーレザーを採用し、クールなデザインとなっています。またシルバークロームのエアアウトレットの内部リングやフロアマットのエッジにはEVモデルらしくブルーのアクセントが採用されています。

機能面では、アジャスタブルダンピングシステム付のスポーツサスペンション、パノラミックスライディングルーフ、MBUX ARナビゲーションなどが標準装備されています。

価格

メルセデス・ベンツ EQAクラス 関連記事
メルセデス・ベンツ 関連記事
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る