メルセデス・ベンツ ISG搭載のエントリーモデル「C180アバンギャルド」追加

メルセデス・ベンツ日本は2022年2月17日、Cクラス(セダン/ステーションワゴン)のエントリーモデルとして「C180アバンギャルド」を追加し受注を開始した。デリバリーは3月頃が予定されている。

C180アバンギャルド(ISG 搭載モデル)

Cクラスはサポートの精度を高めた安全運転支援システム、直感的な操作設定が可能な縦型の大型センターディスプレイ、直感的な行先案内が可能なARナビゲーション、利便性が高い生体認証によるシートポジションの設定など、フラッグシップモデルであるSクラスと同等の新技術を多数採用。

C180ステーションワゴン アバンギャルド (ISG 搭載モデル)

また、デザイン的にもSクラスと同様の要素を取り入れながら、Cクラスらしいスポーティさも盛り込んでいる。さらに、今回の1.5LエンジンにISG/マイルドハイブリッド採用したことで、全ラインアップを電動化している。

C180に搭載されるエンジンは170ps/250Nmを発生する新型の1.5L直列4気筒ターボエンジン「M254型」だ。エンジンとトランスミッションの間に配置されるマイルドハイブリッドシステムのISGによって、最大で20ps/208Nmのブーストが可能だ。

もちろん、回生ブレーキ、コースティングなどの機能で燃費の低減に寄与するのはもちろんのこと、変速ショックやエンジン再始動時の振動低減などにも効果を発揮する。

トランスミッションは「9G-トロニック」ATを採用。1速から9速までの変速比幅が広いことから、エンジン回転数が大幅に低減され、優れたエネルギー効率と快適性を生み出している。

運転支援システムは、「アクティブステアリングアシスト」をはじめ、最新のインテリジェントドライブを標準装備。またテレマティクスサービス「Mercedes me connect」を標準設定している。

インテリアでは、12.3インチのワイドディスプレイによるメーターパネルと、11.9インチの縦型ディスプレイを採用するセンターディスプレイの2画面を標準装備。対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を装備している。この他にオプションでARナビゲーションも選択することができる。

価格

メルセデス・ベンツ Cクラス 関連記事
メルセデス・ベンツ 関連記事
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る