35台だけのメルセデスAMG GT 4ドアクーペ「63 S E PERFORMANCE F1 Edition」登場

メルセデス・ベンツ日本は2023年1月12日、 メルセデスAMG GT 4ドアクーペのトップパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GT 63 S E PERFORMANCE F1 Edition」を発表し、1月12日〜1月25日18:00までWEBサイトで仮予約の申込みを受付を発表した。なお、販売台数(35台)以上の申込みがあった場合には抽選となり納車は2月以降が予定されている。

「メルセデスAMG GT 4 ドアクーペ」は、メルセデスAMG社の独自開発による新たなスポーツカーだ。メルセデスAMGのアイデンティティである、843psという究極のハイパフォーマンスを持ちながら、官能的なデザイン、快適な室内空間、4ドアの利便性を兼ね備え、パフォーマンスやデザイン性を追求しながらも、日常生活での使い勝手も十分に備えている。

GT 63 S E PERFORMANCEの駆動システムは、4.0L・V8ツインターボ・エンジンに交流同期モーターとAMG自社開発の高性能バッテリー、それにAMGのパフォーマンス志向連続トルク可変配分4輪駆動システムの4MATIC+を組み合わせている。

4.0L・V8ツインターボエンジンと電気モーターの組み合わせによりシステム出力620kW(843ps)、最大システムトルク1400Nm以上を発生する。0-100km/h加速をわずか2.9秒、200km/hまで10秒未満、最高速度は315km/hに達するスーパーパフォーマンスを備えている。

出力150kW(204ps)の交流同期モーターはリヤアクスルに搭載されており、電動シフト式2速トランスミッション、電子制御式リミテッド・スリップ・デフとともにコンパクトなエレクトリックドライブユニット(EDU)にまとめられている。P3ハイブリッド(変速機内あるいは変速機よりも下流に電機モーターを置く)と呼ばれるレイアウトである。

軽量の高性能バッテリーもリヤアクスル上方に搭載されている。電気モーターがリヤアクスルを直接駆動するため、動力をよりダイレクトにトラクションに変換でき、発進時や加速時、追い越し時などに追加的な加速力(ブースト)を得ることができる。

電気モーターのパワーはその性質上、最大トルクが瞬時に立ち上がるため、きわめて俊敏な発進/加速が可能であることはいうまでもない。

電子制御式リミテッド・スリップ・デフが一体化されているので、後輪左右へも駆動力が適正配分され、例えばコーナー出口での再加速時のアジリティがさらに向上したほか、トラクションが確実に確保されるので高い走行安全性も実現している。

リヤアクスルのスリップ量が増えると、4輪のトラクションバランスを高めるため、電気モーターの駆動力が必要に応じてフロントホイールにも伝達される。この作動は、トルク連続可変配分式4輪駆動システムがプロペラシャフトとフロントホイールのドライブシャフトを介して機械的に行なわれる。

駆動ユニットをリヤアクスルに直接取り付けることで、車両の前後重量配分とアクスル荷重配分が改善されて、ハンドリング性能の向上に寄与している。回生ブレーキによる熱エネルギーの回収は、エンジンおよびトランスミッションによる機械損失、油圧損失をシステムとして最小限に抑えるAMGのコンセプトにより、きわめて高い効率を実現。

さらにアクスルの自動変速式2速トランスミッションは、俊敏な発進から高速走行時の安定的な連続出力に至るまで、広い範囲をカバーすることができる。2速への切り替えは、電気モーターの最高回転数である1万3500rpmに相当する車速約140km/hに達するまでの間に、電動アクチュエーターによって行なわれる。

F1で実証済みの高性能バッテリー

AMGハイパフォーマンスバッテリー(HPB)の開発は、メルセデスAMGペトロナスF1チームが使用しているF1ハイブリッドレーシングマシンの、きわめて苛酷な条件下で実証済みの先進テクノロジーをベースに開発されている。AMG高性能バッテリーは、高出力を頻繁に繰り返し発生できる能力と軽量構造とを兼ね備えることで、クルマの総合的なパフォーマンスを高め、さらに充電速度が速いことと出力密度が高いことも特長だ。これにより、アップダウンのあるワインディングを高速走行する場面などでは、上りでただちに100%のパワーを引き出すことができる一方、下りでは強力な回生ブレーキが実現している。

このハイパフォーマンスバッテリー容量は6.1kWhで、連続出力70kW、最高出力150kW(10秒間)を発揮する。また、わずか89kgと軽量であることから、出力密度は1.7kW/kgと高い値だ。このバッテリーは、航続距離を最大化することより、速やかな放電と充電を行なえることを重点に設計され、EV走行可能距離も12kmを確保しており、深夜や早朝の住宅地などでは静かに排出ガスを出さずに走行することができる。

このAMG 400Vバッテリーが高性能を実現する土台となっているのが、革新的な直接冷却だ。非導電性の液体をベースとする高度な冷却液を循環させて560個のセルすべてを個別に直接冷却する方式を初めて採用し常に最適な作動温度にキープされる。

直接冷却方式を採用するために、厚さわずか数ミリという新しい薄型冷却モジュールを開発。約14Lの冷却液を高性能電動ポンプでバッテリーの上から下まで 全体に循環させて各セルを冷却するとともに、バッテリーに直接取り付けられた油水熱交換器内も通過する。こうして熱は車載の2つの低温(LT)回路の一方に伝えられ、そこからまた車両のフロントにあるLTラジエターに送られ、そこで外気中へ放出される。これによりバッテリー内の熱分布を均一に保つことができるのだ。

その結果、バッテリー温度は充放電の頻度に関係なく、平均45℃という最適な動作温度範囲内に常に保たれ、高速走行時などバッテリーが高温となる過負荷時には、直接冷却によって温度を下げる保護メカニズムが設けられている。AMGハイパフォーマンスバッテリーはサーキットでハイブリッドモードによる高速走行を行なうなど、加速(バッテリーが放電する)と減速(バッテリーが充電される)が頻繁に発生する場合でも優れた性能を維持できるのだ。

セルを個別に冷却する直接冷却方式により、軽量かつ強固な衝突構造を備えるアルミニウム製ハウジングを採用することで、軽量化も実現している。

AMGダイナミックセレクトは7つのモード

AMGダイナミックセレクトには「Electric(電動)」、「Comfort」、「Sport」、「Sport+」、「RACE」、「Slippery(滑りやすい)」、「Individual」の7つのモードがあり、GT 63 S E PERFORMANCEの特性を 効率重視からダイナミックなものまで広い範囲にわたって変化させることができる。ドライブモードによって、駆動システムとトランスミッションのレスポンス、ステアリング特性、サスペンションの減衰特性、サウンドなど、主要なパラメーターが変更される。

通常、GT 63 S E PERFORMANCEは、電気モーターが駆動できるだけのバッテリー残量があれば、ドライブモード「Comfort」で静かに発進する。 エンジンスタートボタンを押し、コックピットディスプレイには「Ready」のアイコンが現れ、GT 63 S E PERFORMANCEが走行できる状態であることを示す。さらに、室内にはAMGならではのパワフルに響く始動音がスピーカーから流れ発進可能な状態にあることを音でもフィードバックする機能としている。

電気モーターのみで走行する場合は、車速に応じて変化する専用の低周波AMGサウンドを前後のスピーカーから車外に発することで、GT 63 S E PERFORMANCEが近づいていることを周囲に対して知らせる。室内でもわずかに聞き取れるので、 乗員向けのフィードバックにもなっている。このAMGサウンドは約50km/hまで発生し、その後は徐々に音量が小さくなって行く。50km/h以上では、センターコンソールまたはステアリングホイールのサウンドボタン(周波数の波形記号が表示されたボタン)により、「バランス」と「パワフル」の2種類から選択できる。

ハイブリッド駆動は、車両運動特性の制御にも役立っている。いずれかのホイールのスリップが過大に増加すると、ESPによるブレーキ介入に代えて、電気モーターによるトラクション制御を行なう。具体的には、リヤのリミテッドスリップ・デフを介して後輪に伝達される電気モーターの駆動トルクを制御システムにより低減するもので、このためESPの介入は基本的に不要となり、限界付近でようやく介入することになっている。ESPの介入を限定的にすることにより、エンジンの出力を絞る制御が最小限となるため、エンジンの高トルクを保ったままのドライビングが可能で、ブレーキング時に通常は失われてしまう熱エネルギーを回生してバッテリーを充電することも可能だ。

なお回生ブレーキの強さは4段階選択式となっている。レベル0〜3から選択でき、RACEモードのときのみは自動的にレベル1に設定される。

AMGの4.0L・V8ツインターボ・エンジンは、639ps、最大トルク900Nmを発生。最大トルクは2500〜4500rpmと広い回転域で発生し、この特性により、発進時点から320Nmの最大トルクを発生する電気モーターとの相性抜群な特性になっている。バンク谷間にあるツインターボは、ツインスクロール、排気クロス配管とし最大限のトルクを発生できるようになっている。

またエンジン始動を行なうBSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)を装備し、出力は10kW(14PS)となっている。

サスペンションは、AMG RIDE CONTROL+エアサスペンションを標準装備している。このエアサスペンションは、セルフレベリング機構付きマルチ チャンバー・エアサスペンションをベースに、連続可変減衰力式の電子制御アダプティブダンパーと組み合わせたシステムだ。ダンパーはプレッシャーリリーフバルブを2個採用し、ダンパーの伸び側、縮み側を個別に自動制御できるようになっている。

このほかに、統合型車両運動特性制御システムのAMGダイナミクスも搭載。ESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)の 制御戦略や、4輪駆動、電子制御式リミテッドスリップ・デフ(リヤ)を最適化することで、車両の安定性を損なうことなくアジリティを高めている。

このシステムは、クルマがどのように反応すべきかを判断するフィードフォワード能力を備えている。そのためにシステムは、速度や横方向加速度、ステアリングの舵角、ヨーレートなどを検出するセンサーを利用し、フィードフォワード制御を行なうことで、ドライバーの入力やセンサーからのデータをもとに、ドライバーが望む車両挙動を先取りすることができるのだ。

GT 63 S E PERFORMANCEは、圧倒的な動力性能を支えるためにAMGカーボンセラミックブレーキを標準装備している。キャリパーはフロントがブロンズカラーの6ピストン固定式、後がシングルピストンのフローティング式となっている。

GT 63 S E PERFORMANCE F1 Editionのボディカラーはソリッドのアルペングレー、インテリアにはレッドステッチを施したブラックカラーを組み合わせとなっている。エクステリアで目を引くのはアジャスタブル・リヤウィングスポイラーとレッドリムフリンジ付きのマットブラックペイント21インチAMG5ツインスポーク・アルミホイールだ。また、車両の両サイドにはF1 Editionのデカールが貼られている。

インテリアは、F1 Edition専用となるAMGカーボンファイバー・インテリアトリムやF1ロゴが入ったフロアマット、レッドシートベルト、イルミネーテッドステップカバー (レッドアクセント)などを採用し、F1の世界観を感じることができる。

メルセデスAMG GT 63 S E PERFORMANCE F1 Edition仮予約受付サイト:https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/amg-gt/amg-gt-4-door-coupe/explore/gt63-s-e-p-f1.module.html

価格

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG 関連記事
メルセデス・ベンツ 関連記事
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る