メルセデス・ベンツ AクラスのPHEV「A250e」を発売

メルセデス・ベンツ日本は2021年5月26日、Cセグメントのコンパクトカー「Aクラス」に、PHEVモデルの「A250e」、「A250eセダン」を追加し受注を開始しました。なお、デリバリーは6月上旬から順次行なわれる予定になっています。

Aクラスは、Bクラスなどに展開しているFFシャシーをベースにしたプレミアムコンパクト・モデルです。Aクラスはフォーマルさと、若々しいイメージを融合させたモデルで、市街地でも取り回しの良いコンパクトなボディサイズが特長。

今回追加する「A250e」はセダンとハッチバック(受注生産)に設定され、最高出力160ps(118kW)、最大トルク250Nmを発生する1.4L直列4気筒ターボエンジン「M282」に、プラグインハイブリッドシステムを組み合わせています。

フロア下部に容量15.6kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、最高140km/hまではモーターのみでの走行が可能。電気自動車のように使用することが可能です。さらにバッテリー/電気モーターのみで走行可能な航続距離は70.2km(WLTCモード)を達成しています。

充電は、3.2kWまでの交流普通充電と、24kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)の両方に対応しています。

電力消費率や航続距離は運転スタイルによって大きく変わため、「A250e」はPHEVならではのドライブモードを備えることで、ドライバーをサポートします。

・C(コンフォート):デフォルトのモード。走行状況、走行距離に応じて駆動方式が選択されるモード。

・ECO(エコ):電気モーターでの走行が優先されるモード。走行状況と走行距離に応じて最適な駆動方式が選択されます。

・S(スポーツ):レスポンスを高めスポーティな走行性能を実現することを重視したドライブモード。

・I(インディビジュアル):走行特性、ステアリング特性を個別に設定できるカスタマイズ可能なドライブモード。

・EL(Electric):無動力走行モードが作動し、140km/hまでの速度で電気モーターのみでの走行が可能。

・BL(Battery Level):充電量を一定に保つため、ハイブリッドシステムによる駆動方式を選択するモード。

なおELモード走行時には、ステアリングホイール裏のパドルスイッチによりバッテリーへのエネルギー回収量を5段階で調整が可能。パドルは左側が回生レベルの上昇、右側が低減のスイッチとなっており、以下の段階が設けられています。

・D+:コースティング
・D:軽度の回生ブレーキ
・D-:中程度の回生ブレーキ
・D–:強度の回生ブレーキ(ブレーキ不要の強い減速が得られます)
・D Auto:前走車との車間距離、登坂・降坂など最適な強度の回生ブレーキ

なお、完全に停車させる場合、回生ブレーキの設定に関係なく、これまでと同様のブレーキ操作を行なう必要があります。

また「A250e」はインテリジェント・アクセルペダル」を装備しており、プレッシャポイント機能を備えています。ELモードで走行中、これ以上アクセルを踏むとエンジンも使用しなければならないというモーター走行の限界点で、アクセルペダルの抵抗を増しドライバーに知らせることにより、無駄なエネルギーの消費を抑えるドライビングを実現しています。

価格

メルセデス・ベンツ Aクラス 関連記事
メルセデス・ベンツ 関連記事
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る