「F1 Honda日本グランプリ」中止

鈴鹿サーキットは2021年8月18日、10月8日~10日に開催予定であった「2021FIA F1世界選手権シリーズHonda日本グランプリレース」は新型コロナウイルス感染の収束が見込めず、多数の海外スタッフの入出国における検疫など、困難さを考慮し開催を中止することを決定したと発表しました。

F1日本グランプリを開催するために設定された期日までに、F1海外関係者の日本入国が確実な状況に至らなかったために、やむなく開催中止の決断をしたとしています。

鈴鹿サーキットは2020年末から海外関係者の入国受入に伴う、防疫対策・輸送計画・査証申請などの準備を進め、関係官庁、各種機関と折衝を行なってきたわけですが、期限までに見通しが立たず中止決定に至りました。

このグランプリレースはホンダがレースタイトルスポンサーとなり、F1活動の最終章としてレースを盛り上げる計画でしたが、残念ながらこの計画は実現できなくなりました。

鈴鹿サーキット公式サイト

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る