「レンジローバー ヴェラール」2021年モデルの受注開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年3月10日、「レンジローバー ヴェラール」の2021年モデルの受注を開始しました。

2021年モデルは、エンジンラインアップを見直し、マイルドハイブリッドを採用した最新の2.0L インジニウム・ディーゼルエンジン(最高出力240ps、最大トルク430Nm)を導入し、2.0Lの直列4気筒インジニウム・ガソリンエンジン(最高出力250ps、最大トルク365Nm)の2種類での展開としています

そして、新機能の「アクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション」をランドローバーとして初採用しました。

この機能はメレディアン・サウンドシステムに設定されるもので、ノイズキャンセルリング技術を車両に応用し、各ホイールに設置した加速度計がロードノイズの原因となる振動を検知し、そのロードノイズの逆位相を自動計算して、車内のスピーカーから発生させ、走行中のノイズを打ち消します。

また3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、リヤコリジョンモニター、リヤトラフィックモニターなど充実したドライバー支援システム、スムーズで快適な通信環境を提供する最新のインフォテインメント・システム「Pivi Pro」を標準装備し、安全性と利便性も向上させています。

また2021年モデル限定グレード「VELAR EDITION」も追加設定します。「VELAR EDITION」は「RANGE ROVER VELAR」のデザインをより強調した特別仕様で、「R-DYNAMIC SE P250」をベースにしています。

エクステリアはサントリーニブラック、アイガーグレイ、ハクバシルバーのほかに専用色のランタオブロンズを設定し、スライディングパノラミック&ブラックコントラストルーフ、ブラックパック、20インチ”スタイル7014″7スポーク(グロスブラックフィニッシュ)など、黒を基調にした装備で全体を引き締め、よりモダンで洗練された外観に仕上げています。

価格

レンジローバー ヴェラール 関連記事
ランドローバー 関連記事
ランドローバー・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る