ランドローバー2021年型「レンジローバー イヴォーク」の受注開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年12月11日、ラグジュアリー コンパクトSUVの「レンジローバー イヴォーク」の2021年モデルの受注受注を開始しました。

2021年モデルは、従来からの2.0L直列4気筒インジニウム ガソリンエンジン(P200:最高出力200ps/最大トルク320Nm、P250:最高出力249ps/最大トルク365Nm )に加え、新たに最新の2.0Lインジニウム ディーゼルエンジンをラインアップ。この新たにファミリーに新たに加わったエンジンはマイルドハイブリッドMHEVを採用し、駆動アシストと燃費向上のために機能します。

最新インフォテインメント・システム「Pivi」も標準装備されます(グレード「S」以上は「Pivi Pro」)。「Pivi Pro」に付帯するオンラインパックは、専用の通信データプランが設定され、施設情報やガソリン価格、マップデータの取得をはじめ、音楽、天気、カレンダーなどのコネクテッドアプリを、スムーズで快適な通信環境下で、データ容量を気にすることなく使用できます。

また、イヴォークで世界初採用した「クリーンサイト グラウンドビュー(前輪のすぐ前方エリアの映像を車内中央のタッチスクリーンに表示し、フロント下180度の視覚を確保)」に加え、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターといったドライバー支援システムを標準装備しています。

さらに快適な室内空間にするため、多機能な空気浄化システムをオプションで新たに設定。車外の空気の状況や車内のCO2量をモニタリングし、必要に応じて内気循環を作動させたり、エアコン動作時にマイナスイオンを発生させたり、そしてPM2.5や花粉、バクテリアなどのアレルゲン物質を取り除くフィルターを装備し、よりクリーンな環境実現。このシステムはアプリを介してリモートでエアコンを作動させて車内の空気の入れ替えも可能になっています。

価格

キュレーテッドスペック価格

レンジローバー イヴォーク 関連記事
レンジローヴバー 関連記事
レンジローバー 公式サイト
ランドローバージャパン 公式サイト


ページのトップに戻る