ランドローバー ディフェンダーに2021年モデルに直6ディーゼル追加して受注開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年11月17日、クロスカントリーSUV「ディフェンダー」の2021年モデルの受注を開始したことを発表しました。

ディフェンダー 110X-ダイナミック

2021年モデルは、「110」の機種体系を見直し、最高出力300ps、最大トルク650Nmを発揮する、最新のマイルドハイブリッド装備の3.0L直列6気筒インジニウム ディーゼルエンジンを導入し、新たなグレードとして最上級の「X」と、ディフェンダーのタフさやダイナミックさを強調する内外装を採用した「X-ダイナミック」を追加しています。

マイルドハイブリッドを装備する直6ディーゼルエンジン

また、日本市場において人気の高い、ブラインドスポットアシスト、クリアイグジットモニター、アダプティブクルーズコントロール、ドライバーコンディションモニター、レーンキープアシスト、360度パーキングエイド、リヤトラフィックモニター、トラフィックサインレコグニション&アダプティブスピードリミッターといったドライバー支援システムを標準装備化し、より安全性を高めています。

さらに、オンラインパックに、専用の通信データプランが設定されたことで施設情報やガソリン価格、マップデータの取得をはじめ、音楽、天気、カレンダーなどのコネクテッドアプリを、スムーズで快適な通信環境下でデータ容量を気にすることなく使用できるようになっています。

オプションも見直しを受け、3列目シート選択時に同時装着が必要な装備を全てパッケージにした「ファミリーパック」と、空気イオン化テクノロジー(PM2.5フィルター付)を新規設定したほか、「110」でもファブリクルーフが選択できるようになっています。

「ディフェンダー」は多様なパーソナライゼーションが可能で、テーマにあわせたオプションや機能を盛り込んだ4種類のアクセサリーパック、「エクスプローラーパック」、「アドベンチャーパック」、「カントリーパック」、「アーバンパック」を含め、約170種類にもおよぶアクセサリーから、目的や好みに合わせてこだわりの1台を作り上げることができます。そして、2021年モデルでも日本市場向けに「キュレイテッド スペック」を7種類をラインアップしています。

価格

ランドローバー ディフェンダー 関連記事
ランドローバー 関連記事
ランドローバー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る