ランボルギーニ 世界で40台限定のサーキット専用のハイパーカー「エッセンザSCV12」を発表

アウトモビリ・ランボルギーニは2020年7月29日、世界で40台限定のサーキット専用モデル「エッセンザSCV12」を発表しました。

モデル概要

「エッセンザSCV12」は、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセがテクニカルサポートをし、ランボルギーニのデザイン部門チェントロ・スティーレがデザインを手がけたサーキット専用ハイパーカーです。ミウラ、イオタ、ディアブロGTRなどの直系モデルとなる「エッセンザSCV12」は、ランボルギーニが開発した自然吸気エンジンの中で最強のV型12気筒エンジンを搭載し、レース用のプロトタイプの技術を応用したエアロダイナミクスと、究極のドライビングを実現するために設計された技術が凝縮されたモデルとなっています。

「エッセンザSCV12」は、レースからフィードバックされた技術を採用し、V型12気筒エンジンは830psを超える最高出力を発生。ハイスピード走行時には吸気のラム効果によりパワーを向上させています。

また排気系のパイプは背圧を低減するために専用に設計され、パフォーマンスを高めているだけでなく、このエンジン独特のサウンドも強調しています。

トランスミッションはエクストラック シーケンシャル6速、ミッドシップ/後輪駆動の組み合わせによって駆動力を余すことなく路面に伝える能力を持ち、さらにパワートレーン全体はコンパクトで、各ユニットの締結強度が高く、高いねじり剛性を実現しています。

サーキット専用モデルであるにも関わらず、ロールケージのない新世代のカーボンファイバー・モノコックシャシーを採用したことで、「エッセンザSCV12」は1.66ps/kgという他に類を見ないパワーウェイトレシオを実現。そして、FIA(国際自動車連盟)のプロトタイプ・セーフティ規則に準じて開発された最初のGTハイパーカーとなっています。

レース用技術を満載

高いGが発生するサーキット上でも最大限の敏捷性と安定性を確保するために、ギヤボックスに直接取り付けられたプッシュロッド式リヤサスペンションなど、レース用のプロトタイプに着想したサスペンションを採用。ブレーキはブレンボのブレーキディスクとキャリパーを備え、マグネシウム製リム(フロント19インチ、リヤ20インチ)に、特別開発のピレリ製スリックタイヤを装着しています。

またサーキット走行のために、エアロダイナミクスは、250km/hで1200kgというGT3マシンを超える強力なダウンフォースを発生することができます。

フロントのボンネットの中央にリブを配したウラカン・レーシングカー特有のダブル・エア・インテークが、ラジエーターで発生する高温の空気の流れを分離し、ルーフに配置されたエアスクープからの冷たい空気をエンジンルームに導入するシステムとなっています。

フロント部分はスプリッターと2つの側面空力デバイスが装備されます。サイドにあるエンジンとギヤボックス冷却用の吸気口は、サイドシルに配置されたバーティカル・フィンを使用することで、より効率的に空気を導入できます。リヤには調整可能な大型ダブル・プロファイル ウイングを装備しています。

インテリアでは、ディスプレイ付マルチファンクション・ステアリングのデザインはF1ステアリングに着想を得たデザインで、未来的で合理的なデザインにより、ドライバーはステアリングホイールから手を離すことなく、完璧なドライビング操作を行なうことができます。

シートはFIA(国際自動車連盟)の承認を受けた特製OMPシートで、カーボンシェルを使い、ドライバーを包み込む形状により快適で高い安全性と安定性を実現しています。

選ばれたオーナーのための特別プログラム

「エッセンザSCV12」のオーナーは、世界有数のサーキットで自身のハイパーカーを運転できるスペシャルプログラムに参加できる資格を伴う会員制クラブの入会資格が与えられることになっています。

このプログラムには、「エッセンザSCV12」クラブのためにサンタアガタ・ボロネーゼに新設したファクトリーでの保管サービスなども含まれます。顧客のマシンはそれぞれ個室タイプのガレージに保管され、アプリから24時間いつでも愛車をモニタリングできるウェブカメラシステムなどの専用サービスが提供されます。

さらにこのファクトリーにはフィットネス・ジムのプロによる「ランボルギーニ・スクアドラ・コルセ・ドライバーズラボ」が併設されており、ランボルギーニ所属のレーシングドライバーたちが実践するものに近いフィットネス・トレーニング・プログラムも利用することができます。

こうしたオーナー向けプログラムは2021年からFIA公認グレード1サーキットで開始され、スクアドラ・コルセのテクニカルスタッフがアシスタントとして参加するほか、ル・マン24時間レースで5度の優勝経験があるエマニュエル・ピロ選手、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセのファクトリードライバーを務めるマルコ・マペッリ選手からのサポートも受けられます。

ランボルギーニ 関連記事
ランボルギーニ・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る