ジープ ラングラーのPHEVモデル「アンリミテッド ルビコン 4xe」上陸

ステランティス・ジャパンは2022年12月14日、ジープの本格的オフロードSUVのラングラー・シリーズにプラグインハイブリッド(PHEV)モデル「ラングラー アンリミテッド・ルビコン 4xe」を追加し、受注を開始した。なお、このPHEVモデルは左ハンドルのみの設定となっている。

ベースとなっているのはラングラーシリーズのハードコア・モデルの「Unlimited Rubicon (アンリミテッド・ルビコン)だ。ラングラー・アンリミテッド・ルビコン 4xeは、2.0Lの直列4気筒ターボ・エンジン、2基の駆動モーター、8速AT、電力容量15.46kWhのリチウムイオンバッテリーを組み合わせて搭載している。

2.0Lのターボエンジンの出力は272ps/400Nmと強力。モーターの出力はエンジンのクランクシャフトと結合されたP1モーターが63ps/54Nm、No1クラッチの後方でトランスミッション軸の前端に配置されるP2モーターが145ps/255Nmとなっている。エンジンとモーターを合わせたシステム出力は380ps/637Nmとハイパフォーマンスを実現している。

なお、P1モーターはエンジンの始動、減速回生も担当する。4WDの前輪の駆動、後輪の駆動はプロペラシャフト、デュアルファレンシャル+LSDを経由する機械式の駆動力伝達システムで、ラングラーにふさわしい悪路走破の駆動力を確保している。

エンジンとP1モーターの間にNo1クラッチを配置し、このクラッチを作動させることで100%モーター駆動となり、接続されるとエンジン出力とモーター出力が合流する。なおこのNo1クラッチはバイナリー・クラッチと呼ばれ、接続/切断の2モードで作動する。

エンジン始動、駆動、回生を担当するP1モーター

そしてトランスミッションの前端にあるP2モーターの後方にNo2クラッチが配置されている。このクラッチは滑り制御により発進をコントロールし、また走行中にこのクラッチを切断することでコースティング(無動力走行)ができるようになっている。

ラングラー・アンリミテッド・ルビコン 4xeは、運転席でのボタン操作により3種類の走行モードを持っている。

HYBRID(ハイブリッド)モード:道路状況やドライバーの操作に応じて、電気モーターとエンジンの作動状況は自動で最適化される。バッテリーに電気が十分に蓄えられた状態ではモーター駆動(EV走行)が優先され、充電レベルが低下するとエンジンとモーターを併用したハイブリッド走行モードに切り替わる。

ELECTRIC(エレクトリック)モード:排出ガスを出さないEV走行を行なうモード。満充電の状態では、約42kmを電気のみで走行が可能。通常はモーターで駆動し、充電レベルが最低限になった場合やアクセルペダルを強く踏み込んだ場合にはエンジンが始動する。

e-SAVEモード:バッテリーの充電レベルを維持するモード。このモードでは、充電レベルが十分な状態でもエンジン主体で走行する。さらにタッチパネルモニター内の「ハイブリッド エレクトリック ページ」から、「バッテリー節約」と「バッテリー充電」のいずれかを選択することができる。

電動化されたルビコン 4xeのパワートレインによりラングラーのオフロード性能はさらに強力になっている。電気モーターは、発進と同時に最大トルクを発生する特性を持ち、オフロード性能の向上にも寄与する。例えば大きな岩を乗り超えるような場面でもエンジン回転数を上げることなく、モーターの大きなトルクを瞬時に生み出すことができるわけだ。同様に急勾配を駆け上がる登坂や、悪路を低速で進む場面においても威力を発揮する。

バッテリーの充電は、家庭用200Vの普通充電で対応。減速時や制動時に働く回生ブレーキは、後輪駆動での走行時には駆動輪である後輪から、4WD走行時には4輪すべてからの減速エネルギーをバッテリーに供給。さらに、減速エネルギーの回生を最大化して発電力を高める「Max Regen」機能を作動させることも可能になっている。

またすべての高電圧電子部品は、シーリング加工や防水処理が施されており、ラングラー・アンリミテッド・ルビコン 4xeの渡河性能は、エンジン車と同等の30インチ(76cm)を実現しているのもラングラーらしい所だ。

リチウムイオンバッテリーはリヤシート下部に配置されており、重量配分を最適化するとともに、外部からの衝撃による損傷リスクの低減を図っている。このバッテリーは冷却回路を備えているため、常に最適な温度で作動するようになっている。

エクステリアは、エンジンフード、ボディサイドのTRAIL RATED バッジ、リヤ・エンブレムにブルーのアクセントカラーが配されるなどの差別化が図られている。インテリア・トリムのブルーのステッチも4xeであることを主張している。

ボディカラーはブラックC/C、ブライトホワイトC/C、アールC/Cの3色を設定。いずれもブラック内装との組み合わせとなる。

価格

ジープ ラングラー アンリミテッド・ルビコン 4xe:1030万円(税込み)

ジープ ラングラー 関連記事
ジープ 関連記事
ジープ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る