バーチャルでもエキサイティング間違いなし!ジャガーが「Vision Gran Turismo Roadster」を発表

ジャガー本社は2022年3月3日、世界的に有名なレーシングゲーム「グランツーリスモ」(プレイステーション)シリーズの最新作で、かつてない没入感訴求した「グランツーリスモ7」の発売に合わせ、新たにフルバッテリー電気自動車(BEV)のバーチャル・レーシングカー「Vision Gran Turismo Roadster(ビジョン・グランツーリスモ・ロードスター)」を発表した。これらは、2019年に初登場した「Vision Gran Turismo Coupe(ビジョン・グランツーリスモ・クーペ)」、2020年に発表した究極の耐久レーシングカーである「Vision Gran Turismo SV(ビジョン・グランツーリスモ・エスブイ)」に続く、第3弾となっている。

新登場の「Vision Gran Turismo Roadster(ビジョン・グランツーリスモ・ロードスター)」

ジャガーのデザイン・チームは、「Vision GT」シリーズ3部作がそろったことを記念して、各モデルのために新しいビスポーク仕様を開発した。ブラックとグレーの特別塗装と繊細なグラフィックを施し、クルマ本来のドラマチックで美しいデザインを強調している。

「Vision Gran Turismo Roadster」は、数々のレースで実証してきた「Vision Gran Turismo Coupe」のパワートレーンと、時代を超えジャガーを象徴するモデル「D-TYPE」にインスピレーションを得た彫刻的なフォルムを組み合わせた、シングルシーターのBEVスポーツカーだ。

ジャガー・アドバンスト・デザインのエクステリア・デザイナーのオリバー・キャッテル・フォード氏は、「カーデザイナーとして、グランツーリスモ・シリーズに3台のバーチャルカーを送り出すチームの一員になれたことは、夢のようです。2019年の『Vision Gran Turismo Coupe』、2020年の『Vision Gran Turismo SV』以来となる『Vision Gran Turismo Roadster』を発表するにあたって、3台のフルラインアップを披露する完璧な方法を探っていました。『グランツーリスモ7』はまさに最高の機会でした。東京の夜の市街地からカリフォルニアのラグナセカ・レースウェイまで、世界中のあらゆるトラックやサーキットが、劇的に美しい視覚効果で違和感なく再現されています」と語っている。

「Vision Gran Turismo Roadster」は、3基の電動モーターを搭載し、最高出力750kW/1020PS、最大トルク1200Nmを発揮し、迫力あるドライビング・エクスペリエンスを実現。0-60mph加速はわずか2秒未満、最高速度は200mphを超え、卓越した乗り心地とハンドリング、俊敏性により、エキサイティングなドライビングを楽しむことができる。

初代および2代目の「Vision GT」レーシングカーの流れるような曲面、ドラマチックなライン、完璧なプロポーションを受け継ぐ一方、展開式キャノピーに代わってドライバーの真正面にスウェプトバック式のエアロスクリーンを装備している。

後方のテールフィンは、ル・マン24時間レースで3度の優勝を飾った「D-TYPE」の代名詞とも言えるものを現代風にアレンジ。最新の数値流体力学解析ツールを駆使して空力的に最適化し、加速していくと瞬時に展開され空気抵抗を最小限に抑え、安定性を高めている。

このテールフィンは「Vision Gran Turismo Roadster」の随所に見られる美しいディテールのひとつで、ジャガーのモノグラム・パターンで構成されたユニオンジャックをフィンそのものにエッチング加工し、さらにLEDでさりげなく照らし出す。このデザインテーマは、フロントフェンダーに配したハンドクラフトのレザーストラップ、アイコニックなフロントグリルの丸型ライトにも共通している。

インテリアには、軽量でしかもラグジュアリーな素材と仕上げ、そして驚くほど精巧なディテールが組み合わされている。オープンコックピットならではの全方位に広がる視界と優雅に流れるような長いボンネットを眺めながら、プレイヤーはゲームに没頭することができる。

カーボンファイバー複合材と先進のアルミニウム合金を巧みに組み合わせた軽量で高剛性のモノコックボディに、最先端のリチウムイオンバッテリーを可能な限り低い位置に配置し、卓越したドライビングダイナミクスに欠かせない低重心と低ロールセンター、50:50に近い重量配分を実現している。

バッテリーからの電力は、ジャガー・レーシングのフォーミュラEの経験を生かして開発された軽量でパワフルかつコンパクトな3つのモーターに供給される。フロントアクスルに1基、リヤアクスルに2基のモーターを搭載し、合計の最高出力は750kW/1020PS、最大トルクは1200Nmという圧倒的なパワーを瞬時に生み出すことができる。

ジャガーの3台の「「Vision Gran Turismo」シリーズ

なお、新しく発表されたこの「Vision Gran Turismo Roadster」に加え、「Vision Gran Turismo SV」も初めてプレイできるようになっている。2020年12月に発表し、「グランツーリスモ7」で登場予定だった「Vision Gran Turismo SV」は、究極のパフォーマンス、トラクション、高速安定性を実現すべくジャガーがデザインし、ジャガーSVチームがエンジニアリングを担当したバーチャル電動耐久レーシングカーだ。ジャガー・レーシングが開発した最高出力1400kW/1903PSを発揮する電動モーターを4基搭載し、0-60mph加速はわずか1.65秒、最高速度255mphという驚異的なパフォーマンスを発揮する超高性能モデルだ。


「グランツーリスモ」のクリエイター、ポリフォニー・デジタルの山内一典社長は、
「『グランツーリスモ7』に登場するジャガーの『Vision GT』シリーズ3部作の完結となる『Vision Gran Turismo Roadster』を発表できたことを嬉しく思います。ジャガーのデザイン・チームと一緒に仕事ができたことは素晴らしい経験でした。今回の新作で多くの方にバーチャルのハンドルを握っていただけることを楽しみにしています。3台とも、『グランツーリスモ7』がお届けするエキサイティングで新しいユーザー体験に完璧に応えてくれるマシンです」と語っている。

グランツーリスモ7 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る