特集

発売車種累計1,000種突破! 「トミカ」に26年ぶりにフェラーリモデル登場

株式会社タカラトミー(東京都葛飾区)は2018年8月1日、ダイキャスト製ミニカー「トミカ」シリーズにて「フェラーリモデル」を26年ぶりに展開していくことを発表した。第一弾として「トミカ No.62 ラ...

ベンツSLS AMG、アヴェンタドール……世界の名車を忠実に再現した精密ミニカーの特別セット発売

世界の名車を忠実に再現したミニチュア・カーで人気のドイツ・ジク社から、「メルセデス・ベンツSLS AMG」「ランボルギーニ アヴェンタドール」などの世界の名車の特別カラーの限定セットを、2018年8月...

欧州でもレトロゲームが熱い? メルセデスAMGのDTMレトロゲームとセガの往年の名作を走り比べた

先日、ダイムラーの本国プレスサイトを何気なく見ていたところ、新型車情報やレース結果などと一緒に、場違いなレトロゲームの写真が目に飛び込んできました。思わずサムネール画像をクリックしたところ、「DTMレ...

映画『ドライブヘッド』にオリジナルデザインの日産「GT−R」登場

日産自動車は2018年4月23日、タカラトミーが展開するダイキャスト製ミニカーブランド「トミカ」を題材としたアニメ映画『ドライブヘッド〜トミカハイパーレスキュー機動救急警察〜』に、日産が完全監修したド...

バン&ワゴンのカーカルチャーシリーズ「HWカーカルチャー カーゴ・キャリアーズ」が新登場

世界大手の玩具メーカー、米国マテル社の日本法人であるマテル・インターナショナルは、カルチャーにフォーカスしたデコレーションやホイールなど、ホットウィールの象徴的なミニカーコレクション「カーカルチャー ...
もはやリアルとゲームの区別がつかない驚きのクオリティ。『グランツーリスモSPORT』

もはやリアルとゲームの区別がつかない驚きのクオリティ。『グランツーリスモSPORT』

『グランツーリスモ』は、リアルなグラフィックと操縦性により、世界中で愛されているレースゲームの代表格。1997年にPlayStation®専用タイトルとして発売されたのを皮切りに、シリーズ累計出荷数は...
ボルボ 電気駆動メーカー「ポールスター」の第1弾、「ポールスター1」がベールを脱いだ!

ボルボ 電気駆動メーカー「ポールスター」の第1弾、「ポールスター1」がベールを脱いだ!

2017年10月19日、ボルボ・カー・グループの電気駆動専門のパフォーマンス・ブランドと位置付けられたポールスターは、独立したパフォーマンスカー・ブランドとしての構想を発表し、同時にポールスター・ブラ...
PS4向け「グランツーリスモSPORT」発売

PS4向け「グランツーリスモSPORT」発売

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは「グランツーリスモ」シリーズの最新作として、PlayStation4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』「通常版」を、日本国内に向け2...
PlayStation4「グランツーリスモSPORT」限定モデルとして新たに「McLaren Ultimate Vision Gran Turismo」が登場

PlayStation4「グランツーリスモSPORT」限定モデルとして新たに「McLaren Ultimate Vision Gran Turismo」が登場

発売が期待されているPlayStation 4のゲーム「グランツーリスモSPORT」において、その専用モデルとして究極のマクラーレンGTレーシングカーが登場することが発表された。 (さらに&helli...
子供もオトナも熱くなる!トミカイベントモデルの魅力

子供もオトナも熱くなる!トミカイベントモデルの魅力

トミカといえば、子供たちが最初に触れるミニカーとして、日本で知らない人はまずいないでしょう。1970年に誕生したトミカは、今から3年後の2020年には50周年を迎える歴史のあるミニカーブランド。ライン...
【繁浩太郎の言いたい放題】元ホンダの開発統括が見て、感じて、考えた「新型N-BOX」

【繁浩太郎の言いたい放題】元ホンダの開発統括が見て、感じて、考えた「新型N-BOX」

2017年8月31日、ホンダの新型N-BOXが発表されました。じつは私の長いホンダ人生の中で、最後に担当した機種がN-シリーズでした。「軽」と言えばスズキ、ダイハツという2強の中で、どうすれば「ホンダ...
ボルボ 改革の最終章 「ポールスター」が高性能電気自動車ブランドに!

ボルボ 改革の最終章 「ポールスター」が高性能電気自動車ブランドに!

2017年6月26日、ボルボ・カーズは、プレミアムカーメーカーのポジションを確立するため、パフォーマンスカー部門の「ポールスター」を、新しく独立したブランドと再定義し、グローバルな高性能電気自動車に専...
お決まりなんてアウトオブ眼中!チェッカーモータースのカタログがナウい! 後編

お決まりなんてアウトオブ眼中!チェッカーモータースのカタログがナウい! 後編

先週のリトモにつづき、チェッカーモータースが制作したカタログの続編です。 今から20年以上前、「輸入車」が「外車」と呼ばれていた頃には、各インポーターが趣向を凝らしたカタログが多くありました。ご当地色...
お決まりなんてアウトオブ眼中!チェッカーモータースのカタログがナウい! 前編

お決まりなんてアウトオブ眼中!チェッカーモータースのカタログがナウい! 前編

現在の輸入車カタログは、基本的には本国版と同じ体裁のものがほとんど。本国と同じ写真を流用しながら、日本仕様に設定のない装備について画像修正しただけのカタログも少なくありません。しかし、今から20年以上...
BMW3シリーズグランツーリスモにディーゼルエンジン搭載車をラインアップ

BMW3シリーズグランツーリスモにディーゼルエンジン搭載車をラインアップ

ビー・エム・ダブリューは、BMW 3シリーズ グランツーリスモのラインアップに、新世代クリーン・ディーゼル・エンジン搭載のBMW 320d Gran Turisimo(サンニーマルディー・グランツーリ...

生誕40周年を迎えたボルボ初の2ドアクーペ、262Cって?ボルボの歴史探訪

ボルボの260シリーズと聞いて、その姿をイメージできたあなたは相当な自動車ファン。古いボルボといえば、240シリーズを思い浮かべる人が多いことだろう。日本でも人気を集め、いまだに根強いファンがいる24...

【まとめ】ジュネーブモーターショー2017で発表された新型車の傾向

2017年3月9日から一般公開が始まったジュネーブ・モーターショー。すでに各メディアで紹介されているように、各社から様々なニューモデルが発表され、今年も盛況そのものでした。<レポート:北沢剛司/Koj...

懐かしのイタリア車カタログはプッツン満載のいかすキャッチコピー天国だ!

現在の輸入車カタログは、基本的に本国版と同じ体裁でどれも洗練されたものばかり。しかし、今から20年以上前に日本のインポーターが制作したカタログには、表現の自由が最大限に与えられ、百花繚乱の面白さがあり...

ストⅡと夢のコラボ!『ストリートファイターⅡ』の世界をCH-Rが駆け抜ける!!

TOYOTA「C-HR」のプロモーション企画である「CROSSOVER THE WORLD」の第二弾として、1990年代に一世を風靡した対戦型格闘ゲーム「ストリートファイターⅡ」とコラボレーションした...

【今日の編集後記】雪に縁のあるシーズンですな

今週は天気秘密のクルマにも乗れた素敵な一週間。そして天気にも翻弄された週でもありました。 (さらに…)...

RECOMMENDED ARTICLE


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る