フロントマスクが精悍になった2019年型「シボレー カマロ」登場

GMジャパンは2018年11月22日、マイナーチェンジを受けた新型「シボレー カマロ」(2019年モデル)のクーペ、コンバーチブル、SSの3グレードを発売した。またこの新型モデルのデビューを記念した特別限定車「シボレー カマロ LAUNCH EDITION(ローンチエディション)」を限定発売する。

発表会でプレゼンを行なった若松格GMジャパン社長
発表会でプレゼンを行なった若松格GMジャパン社長

2019年モデルのカマロ

カマロSS
カマロSS

現在のカマロは2016年に登場した第6世代のモデルで、キャデラックATSにも採用されているGMアルファ・プラットフォームを採用し、第5世代に比べ90kg以上も軽量化されているモデルだ。

軽量・高剛性のボディ
軽量・高剛性のボディ

エンジンは、2.0L 4気筒直噴ターボエンジン(275ps)、3.6L V6エンジン(340ps)、6.2L V8エンジン(453ps)、そしてフラッグシップの「ZL1」用としてV8スーパーチャージャー付きのLT4エンジン(659ps)がラインアップしているが、日本への導入は「LT」「 RS」に搭載される2.0L 直列4気筒直噴ターボエンジンと「SS」に搭載される6.2L V8エンジンの2種類となっている。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る