GMキャデラック エントリークラスのSUV「XT4」を発売

GMジャパンは2021年1月15日、俊敏なハンドリング性能とスタイリッシュなボディ、ゆとりに満ちたラグジュアリーな空間を備えたキャデラック初のコンパクトSUV「XT4」を発表し、1月16日から販売を開始しました。

キャデラックのクロスオーバーSUVは、フルサイズのエスカレード、FセグメントのXT6、Eセグメント(アメリカではミドルクラス)のXT5がラインアップされていましたが、シリーズのエントリーモデルとなる「XT4」が加わり、フルライン体制となりました。

また「XT4」は、世界的に見て主流となるサイズのSUVで、グローバル戦略モデルとも位置付けられています。

新型「XT4」はアメリカではコンパクトクラスとされますが、ボディサイズは、全長4605mm、全幅1875、全高1625mm、ホイールベース2775mmで、レクサスRXと同等サイズのラグジュアリーSUVとなっています。

スタイリッシュなエクステリアは、シンプルで彫刻的なラインとすることで力強いプロポーションとアグレッシブな存在感を強調。XT4の最大の強みであるクラストップの広さとなるリヤシートのレッグルームを確保。ラゲッジスペースも637L(最大1385L)の荷室容量を備えています。

フロントとリヤのライトは最先端のLEDテクノロジーを採用し、フロントはデイタイムランニングライトも含めたLED式ライトブレードを装備。キャデラック独特のL字型ライトが水平方向に伸びて、ワイドなボディと存在感あふれるルックスを強調しています。

インテリアは上質な素材を組み合わせたインサート材、トリム表皮を採用し、本革シートは上質なクラフトマンシップによって仕上げられ、デザインは伸びやかな曲線とゆるやかなカーブを描くラインを採用することで、高級感のあるインテリアとしています。

また各シートの温度を最適化するデュアルゾーン空調システムや、全ての乗員に最適なオーディオサウンドを届けるボーズ サラウンドサウンド システムの13スピーカー、音源の制御とアクティブノイズキャンセレーション技術で実現した車内の静粛性など、乗る人全てのための快適設計を実現しています。

装備では、ドライビングでの利便性を大きく高める最新型のキャデラック・ユーザー・エクスペリエンスを搭載。タッチスクリーンやロータリーコントローラー、スクロール、ハードボタンを組み合わせた直感的なインターフェースはスマートフォンのように快適に操作できます。

またスマートフォン用に、よりクイックな充電が可能になった次世代型のワイヤレスチャージングも採用。各種吸音材や装備を用いた遮音、消音対策、ワイドな後方視界が得られるリヤカメラミラー、イオン発生除菌機能付きのエアコンディショナー(埃、花粉、バクテリア、臭気、PM2.5クラスの粉塵を除去)など、ラグジュアリーカーにふさわしい装備となっています。

ナビゲーションは、最新の「クラウドストリーミングナビ」を標準装備。これはGMジャパンがゼンリンデータコムと共同開発した完全通信車載ナビシステムで、トンネルなどGPSで測位できない環境でも自律航法が可能。最新の地図が常に更新されます。

パワートレーン

エンジンは、230ps/350Nmの出力を発生する新開発の2.0L直噴ターボエンジンを搭載し、圧倒的なパフォーマンスと高効率でパワフルなレスポンスを両立。低負荷走行時には2気筒を休止し、燃費効率を高める気筒休止システムを装備。このクラスの4気筒エンジンでは初のシステムです。

その他にオートスタート/ストップ機能、低回転時のターボラグを抑え、NAエンジンに匹敵するスロットルレスポンスを提供するツインスクロール ターボを採用。高効率と力強いパワーレスポンスの両立を実現しています。

トランスミッションは9速ATが組み合わされており、滑らかな走行性能と優れた燃費性能の達成に貢献。またAWDシステムはツインクラッチAWDシステムにより俊敏な旋回性能を発揮するとともに、必要に応じて後輪への駆動力の伝達を完全に遮断でき、パワートレーンのフリクションを低減しています。

運転支援システムは、レーダーやカメラ、各種センサーなどの技術を用いたエマージェンシーブレーキシステム(歩行者対応の自動ブレーキ/リヤオートマチックブレーキ)アダプティブクルーズコントロール、サイドブラインドゾーンアラートをはじめ20以上の最新安全装備を搭載。このセグメントで最も充実した標準安全装備となっています。

なお「XT4」のラインアップは、ラグジュアリー系の「プレミアム」と、ラグジュアリーさをより強調したトップグレードの「プラチナム」、スポーツ系の「スポーツ」と、3グレードを展開。そして全モデルが左ハンドル仕様です。デリバリー開始は2月が予定されています。

価格

キャデラックXT4プレミアム:570万円(税込み)
キャデラックXT4スポーツ :640万円(税込み)
キャデラックXT4プラチナム:670万円(税込み)

キャデラック XT4 関連記事
キャデラック 関連記事
キャデラック 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る