【コラム】「新型プリウスのリヤライトは“魅惑の肩幅キング”」~~「トヨタ プリウス」@吉田由美

吉田由美のピンポイント&チャームポイントVOL63

先日、富士スピードウェイで行われた「Eco Car Cup(エコカーカップ)」に参戦したお話は「Auto Prove」にレポートしますが、今回はその時にも乗ったトヨタの新型「プリウス」のお話。

DSCN0049
お顔も特徴的な現行型プリウス。でもテールランプはもっと個性あります

DSCN5904
髪をアップにしてみました!いかがですか?

その日、レースに参戦し、表彰式を終えて私が帰路についたころにはあたりは薄暗くなっていましたが、その時に目につくのがリヤのライト。

「エコカーカップ」だけに、今や燃費の良いエコカーの代名詞といえる「トヨタ プリウス」ですが、この日の参加台数ではプリウスが一番人気でした。

写真 (1)
エコカーカップに4代目プリウスで参戦です。ポールポジションははるか彼方~

当然、参加したみなさんはそのまま自分のクルマで帰るので、帰り道にもプリウスがいっぱい!プリウスを後ろから見ることが多いのですが、私、このプリウスのリヤのライトを見て、以前から「時代劇で武士が正装として着る、袴の上の肩が張っている羽織ものはなんていう名前なのか?」と、もの凄~く気になっていました。

ちなみに「肩衣」というのだそうです。

そしてそこから帰り道での私の空想タイムが始まりました。

DSCN0087
確かにテールライトのデザインは特徴的です。ここから吉川晃司さんに・・・妄想?

肩が張っている→肩パット→肩幅が広い→ハンガー→吉川晃司さん。

デビュー当時の吉川さんは、もともとの肩幅の広さに加えて、更に肩パットの広いジャケット姿がトレードマーク。そしてこれがこの日の私の連想ゲーム。こんなことを考えていると、帰り道一人でも楽しいですよ~(笑)

そういえばプリウスのCMのイメージキャラクターは、福山雅治さん。福山さんもお顔が小さくて肩幅がしっかりありますよね。もしかして、福山さんの起用の裏テーマは‘肩幅’ということもあったのかも!?

…そんなことないか…(笑)


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る