トヨタ バイオ合成ゴム原料のエンジン・駆動系ホースを世界初採用

バキュームセンシングホース製造工程
バキュームセンシングホース製造工程

トヨタ自動車は2016年4月21日、高い耐油性、耐熱性が必要な特殊ゴム製部品であるエンジン・駆動系ホースに、バイオ合成ゴム(バイオヒドリンゴム)を世界で初めて採用すると発表した。国内生産車種のバキュームセンシングホースを2016年5月から順次適用し、年内には国内生産の全車種に採用予定だ。さらに今後はブレーキ系ホースや燃料系ホースなどの特殊ゴム部品にも採用拡大を目指す。


ページのトップに戻る