【フィアット アルファロメオ】小型から中型車用乾式デュアルクラッチをFPTが量産体制に

FPT社とはフィアット パワートレーン テクノロジー社でエンジンオブザイヤーを獲得した、マルチエアエンジンを開発した会社である。そのFPT社がこのほど小型車から中型車に対応するDCT(ダブルクラッチトランスミッション)を開発し、しかも量産体制を確立している。DCTはGTRやランエボに搭載されたゲトラグ社やポルシャに搭載しているZF社などが開発済みのミッションだが、量産体制となるのはフォルクスワーゲンのDSGに次ぐものだ。


ページのトップに戻る