パナソニックのカーナビ「ストラーダ 」用 23年度版更新地図の販売開始

ゼンリンは2022年10月26日、パナソニック製カーナビゲーション「Strada(ストラーダ)」シリーズの、ゼンリン製の地図データが採用されている2014年秋発売モデル以降の機種を対象としたダウンロード版更新地図、「2023年度版更新地図ダウンロードデータ」の販売を12月1日からゼンリンのオンラインショップ「ZENRIN Store」で開始すると発表した。なお、メディア版のみはパナソニックから販売される。

2023年度版更新地図ダウンロードデータは、高速道路、自動車専用道路に関しては、仙台~八戸間の全線開通により、主要都市間の所要時間の大幅な短縮が期待される国道45号線(三陸沿岸道路)「普代村第16地割~久慈IC区間」や、全線開通により中国自動車道と山陽自動車道を結んだ西日本の交通ネットワークの充実が期待される播磨自動車道「播磨新宮IC~宍粟JCT区間」、沿線地域の観光地へのアクセス性向上が期待される新東名高速道路「伊勢原大山IC~新秦野IC区間」、川崎市殿町(キングスカイフロント)と羽田空港(羽田グローバルウイングズ)をつなぐ新しい橋「多摩川スカイブリッジ」など、新規路線を収録。そのほかにも、道路地図データ、地点検索データ、市街地図など収録されている全ての地図データが更新されている。

ゼンリンの地図の特長である日本全国1,741エリアの市街地図データを採用。建物や道路の道幅・形状が正確に描かれているため、周辺の状況が分かりやすく表示される。

また、道路・地点検索データの無償更新(期間限定)も可能で、2023年11月30日まで、道路データは2か月に1回、地点検索データは4か月に1回無料で更新できる権利がダウンロード版にのみ付いている。

ゼンリン オンラインストア:https://store.zenrin.co.jp/

■商品概要
商品名:2023年度版更新地図ダウンロードデータ
品番:000897N0A
発売日(予定): 2022年12月1日(木曜日)
価格:1万978円(税込み)
収録している主なデータ
・市街地図:1,741エリア     
・施設検索:約1540ジャンル(約310万件)
・住所検索:約3960万件    
・電話番号検索:職業別電話番号約580万件

対応機種:https://www.zenrin.co.jp/go/strd23s

ゼンリン 関連記事
ゼンリン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る