ゼンリンの「3D高精度地図データ」を自動運転のホンダレジェンドに採用

ゼンリンは2021年3月10日、同社が提供する「3D高精度地図データ」が、ホンダが3月4日に世界初の自動運転レベル3のシステムを搭載した「ハイブリッドEX Honda SENSINGエリート」に採用されたと発表しました。

「ハイブリッドEX Honda SENSINGエリート」は高速道路の渋滞時に起動する自動運転と、高速道路での車線変更、追い越しを含むハンズオフ運転などの高度運転支援システムに、GPS衛星測位システム(GNSS)と3D高精度地図データを併用していますが、その3D高精度地図データにゼンリン製を採用しています。

ゼンリンの3D高精度地図データは、自動車メーカーや地図プロバイダーなどの協業母体となっているダイナミックマップ基盤株式会社の3次元地図共通基盤データをベースに、ゼンリンが独自に収集・整備した情報を加えた地図データです。

この3D高精度地図データを車両に搭載したその他センサー類と組み合わせて使用することで、車両の周囲360度の情報と道路、車線上の正確な位置の把握が可能となり、車両速度の制御やレーンごとの走行ルートの計画も実現しています。

今後登場する高度運転支援システムや自動運転システムには、この3D高精度地図データはますます重要な存在となると予想されています。

ゼンリン 関連記事
ゼンリン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る