【東京モーターショー2017】横浜ゴム 軽量化技術を採用したライトウエイト低燃費タイヤ「ブルーアース・エア EF21」を開発

2017年10月24日、横浜ゴムは創立100周年を記念し、最新の軽量化設計による環境貢献を目指した先進技術コンセプトタイヤ「BluEarth-air(ブルーアース・エア) EF21」を開発し出展した。開発サイズ は205/55R16 91Vの1サイズ。国内で年内に限定発売を予定している。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る