横浜ゴム タイヤの空気圧管理をオリックスで実証実験

横浜ゴムは2021年8月11日、オリックス自動車の協力を得て新たなタイヤ・ソリューションサービスとして開発したタイヤ空気圧の遠隔監視システム(Tire air Pressure Remote access System=TPRS)の実証実験を8月から開始したと発表しました。

実証実験はオリックス自動車のカーシェアリング事業であるオリックスカーシェアの車両に「TPRS」を導入し、東京都と神奈川県の首都圏の一部で実施しています。

今回の実証実験はCASE、MaaSなど自動車業界の変革に対し、横浜ゴムが開発した遠隔監視システム「TPRS」の効果を検証することが目的です。

タイヤメンテナンスの省力化や精度の高いタイヤ管理、効率的なメンテナンス計画など車両保有者にとっての有効性を探り、安定的な安心・安全運行や燃費向上など車両利用者にとってのメリットを検証し、車両保有者と利用者双方の安全性や経済性の向上に貢献するビジネスモデルの確立を目指しているわけです。

「TPRS」はタイヤの空気圧や温度、車両の位置情報をリアルタイムでリモート監視することができるシステムです。タイヤメンテナンスの大幅な省力化に加え、点検のバラツキ防止、異常検知による事故防止、適正な空気圧維持による燃費向上などに貢献し、検知データはリアルタイムでクラウドサーバーに保存されます。

「TPRS」はこれまで、より厳しいタイヤ管理が求められる運輸・物流事業者向けに展開してきていますが、CASE、MaaSの発展による乗用車用タイヤの「生産財化」を見据え、今回は乗用車向けの検証を開始したということです。

今後、リース車両、カーシェア車両などにおいて、タイヤのリモート監視システムなどIoT技術は徐々に普及していくと予想されています。

横浜ゴム 関連記事
横浜ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る