ニュルブルクリンク24時間耐久レース 横浜ゴム 4チーム/7台をサポート

横浜ゴムは2021年6月1日、ドイツで6月3日~6日に開催される「第49回ニュルブルクリンク24時間耐久レース(49th ADAC TOTAL 24h-Rennen)」に出場する4チーム/7台にアドバン・レーシングタイヤを供給しサポートすると発表しました。

D.ピタード選手らが乗るBMW M6 GT3

サポートチームでは、昨年パートナーシップ契約を締結したBMWカスタマーチーム「Walkenhorst Motorsport」は、最高峰クラスであるSP9クラスに参戦するBMW M6 GT3(3台)を含めた計4台がヨコハマタイヤを装着。供給タイヤは「アドバンA005(ドライ用)」と「アドバンA006(ウェット用)」。

J.ミュラー選手らが乗るBMW M6 GT3

「ヴァルケンホルスト モータースポーツ」からは昨年の「ニュルブルクリンク耐久シリーズ(NLS)」のSP9Proクラスでチャンピオンを獲得したデビッド・ピタード選手や元BMWワークスドライバーでFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)やスーパーGTでの活躍で知られるユルグ・ミュラー選手がSP9クラスでステアリングを握り総合優勝を狙います。

他に、5月に開催された予選レースで後続に1周差をつけクラス優勝したBMW M4GT4がSP10クラスに参戦し、クラス優勝を狙います。また、これらチーム以外にもATクラス、SP3クラス、SP4クラスに参戦する3チーム(3台)にレーシングタイヤを供給しています。

横浜ゴム 関連記事
横浜ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る