ヨコハマタイヤのグローバル展開する低燃費タイヤコンセプト「ブルーアース」

 

ヨコハマタイヤはエコタイヤの分野では元祖であり、業界の先頭を切って1998年に「エコタイヤDNA」を発売し、地球環境問題へは早くから取り組んできたメーカーでもある。

 

そのヨコハマタイヤは、新たに「ブルーアース」をグローバルコンセプトとして、今後世界へ展開を始める。その第一弾が「ブルーアースAE-01」で、ヨコハマの低燃費タイヤを世界中のクルマに履いてもらい、地球を守る力として貢献していくということだ。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る